FC2ブログ

肉球タワシ大行進! 第861号~第866号

出発の日が迫っているので、6匹で記念写真パチリ。

image_2018120916335054e.jpg


最近は 1匹ずつの写真も撮って、ツイッターにアップしてます。

image2.jpg


撮影風景はこんな感じ(笑)


スポンサーサイト

トイレのリフォームしたよ★今週のく~にゃん

「にゃんだにゃんだ???」
おっかなびっくり近づく ク~

image_20181208143910ef3.jpg

ドアの向こうでは、トイレのリフォーム工事中。
大勢の作業員の方が出入りしてあわただしかったけど、無事終わりました。


念願のシャワートイレ。



シャワーと自動洗浄機能で選んだトイレだけど。
ニオわないのにビックリ!

ワンニャンに「里親」という言葉を使うことについて

私も最近知ったのですが。
児童福祉法における「里親」の名称が、平成33年度に変更されます。2021年かな

 20181207 152848
出典:厚生労働省 平成29年度全国児童福祉主管課長・児童相談所長会議資料(平成29年8月17日)新しい社会的養育ビジョン(pdf)

20年ぐらい前、犬猫の“里親”という言葉が狩られた時代がありました。
「児童福祉法で定められた法律用語だから動物に使うな」
という抗議が、愛護団体の掲示板に次々と書きこまれたものです。

理屈はともかく。
「子どもが傷つく」
と言われてしまうと、つらい。

“里親会”という名称で行われていたイベントが、どんどん“譲渡会”に替わっていきました。

悲しかったです。
「里親会」って、“親”としての覚悟を持って、家族として迎えるイメージだと思いませんか?
そして、家族っていうのは、“譲”ったり“渡”したりするものじゃないはず。



20年経って、以前のような激しい抗議は見かけなくなりました。
国語辞書にも第3の意味として記載され、すっかり定着した感があります。


でも動物ボラ界では、いまだに要注意ワードみたいな感じで。
経緯を知っている人は慎重。

知らずに使っていた猫ボラさんが、外部から指摘されて
「“里親”という言葉はもう使いません」
とある日突然宣言する例も、いまだにあるのです。


でも、もう、いいんじゃないかな。
あちらの「里親」のカウントダウンが始まったのだから。
こちらの「里親」についても必要以上に避けたり言い換えたりすることなく、ふさわしい場所でふさわしい用い方をすればいいと思います。

“譲渡会”というワードにも、いつのまにか慣れてしまったけど。
譲るとか渡すとか、物じゃないんだから。

“里親”という言葉の復権&積極使用、私は大歓迎です!

肉球タワシ大行進! 第851号~第860号

また10個編めました。
季節先取り早春たわし~ず。
毎年恒例のあのお楽しみ袋に潜入しちゃうかも♪

image_201812021407518af.jpg

そらとぶ14歳★今週のく~にゃん

ク~ がパパにスリスリ。
ナデナデしてほしくてスリスリ。

パパがヒョイと抱きあげて、そばのベッドにポン!と投げた。
それが楽しかったらしい。

もう1回やって~♪ とパパにスリスリ。
ポン!

もっと~~~
ポーン!


飼い主が投げたボールをとってきて、それを飼い主がまた投げて・・・っていうワンコの遊びがあるじゃないですか。
あれのニャンコ版というか、ボールが ク~ なんだけど。
ベッドに着地するとすぐさま戻ってきて、「もう1回~~」

ポーン!
ポーーン!
何回も繰り返すうち、投げるほうも投げられるほうも慣れてきて、だんだん高く、ポーーーーン!

c181130.jpg


14歳7か月。まだまだ子猫だぜ!!