FC2ブログ

TAG: プロメテウスの罠  1/2

プロメテウスの罠と共に振り返る:今年の4月 (いのちの記録15・16)

No image

いのちの記録:15 これ野良猫だよね?(04/09) いのちの記録:16 人を知らない猫たち(04/10) これらの回が掲載された頃、汚染水問題がしきりに報道されていました。■ 原発地下の貯水槽から汚染水漏れ(4/6)■ 福島第一原発 別の貯水槽で汚染水漏れ(4/7)■ 厳しい運用迫られる汚染水の保管(4/8)■ 汚染水1万トン 綱渡りの対応(4/9)■ 貯水槽外側地盤から放射性物質(4/10)■ 汚染水 移送中に漏れる(4/11)どんどん増え続...

  •  0
  •  -

プロメテウスの罠と共に振り返る:10月 (いのちの記録14)

No image

いのちの記録:14 犬猫の幸せって何だ(04/08) 「いのちの記録7」とコジマ「支援活動のご報告」を付き合わせると、パチンコ店を押さえたのは6月10日頃ということになります。4ヶ月がかりの改装。9千万円の設備。(犬 78+猫 40= 118匹分の個室だから、1匹あたり76万円!?)レスキューしたら保護場所が必要なのは、民間ボランティアも同じです。3.11後に設立された民間シェルターの資料を作ってみました。各愛護団体さんが福島...

  •  0
  •  -

プロメテウスの罠と共に振り返る:5/12~8/3 (いのちの記録13)

No image

いのちの記録:13 花を供えて、わびた(04/07)震災から1年生きのびた牛たちの殺処分。 一昨日の18日、対称的な出来事がありました。 大熊町で2年間生きのびた牛たちが、処分をまぬがれて、浪江町の「希望の牧場」さんに移送されたというものです。 福島第1原発からわずか50メートル地点からのレスキューでした。 ★ 「帰還困難区域の牛を救助 福島・浪江の畜産農家」2013.4.18 日経 ★ 【速報02】UST録画~福島第一原発ゼロkmから...

  •  0
  •  -

プロメテウスの罠と共に振り返る:5/14 (いのちの記録12)

いのちの記録:12 「ダメだ。白旗だ」(04/06) 美しい。死なせてはいけない。当時、あるブログを見て私がツイートした言葉です。牛の写真で「美しい」と感じたのは、生まれて初めてでした。リンク先は http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/62801346.html文章から判断すると、撮影日は5月14日。国が安楽死を決めたのも知らずに、牛たちはこうして草を食んでいる。どうして、この美しいものを、殺すことができるのでしょうか。...

  •  0
  •  -

プロメテウスの罠と共に振り返る:5/12 (いのちの記録11)

No image

いのちの記録:11 殺さなくたっていい(04/05)「所有者の同意を得た上で」の原文です。 平成23年4月21日付け指示により、関係市町村長が設定した警戒区域内において生存している家畜については、当該家畜の所有者の同意を得て、当該家畜に苦痛を与えない方法(安楽死)によって処分すること。 農林水産省「東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う警戒区域内における家畜の安楽死処分について」平成23年5月12日たったこれだけ...

  •  0
  •  -

プロメテウスの罠と共に振り返る:12/7~27 (いのちの記録10)

No image

いのちの記録:10 官民連携は終わった(04/04)「官」のデータを表にまとめました。 日程内容保護実績備考年開始終了犬猫計20114/285/2調査保護27229いのちの記録:5 20キロ圏内うろつく犬5/108/26住民一時立入1巡目300191491県職員387名(延べ)、他自治体職員72、県内獣医師8、県外獣医師12いのちの記録:6 こいつら心病んでるいのちの記録:8 それでもまた行ったいのちの記録:9 猫の保護は後回し8/3110/23先行調査1...

  •  0
  •  -

プロメテウスの罠と共に振り返る:4/21~4/27 (いのちの記録9)

No image

(プロメテウスの罠)いのちの記録:9 猫の保護は後回し(04/03) 警戒区域発動の前日、環境副大臣が記者会見でこう述べています。 これに関連して、これもまた被災者の方から要望等が出ておりました、ペットの連れ出しについてであります。ペット連れ出しをする、スクリーニング等の態勢についてどうするかという調整が行われているところであります。まだ、最終的にどういう形にするかということが固まってはいませんけれども、...

  •  0
  •  -

プロメテウスの罠と共に振り返る:4/26~27 (いのちの記録8)

No image

(プロメテウスの罠)いのちの記録:8 それでもまた行った(04/02) 「猫おばさん」の存在を知ったのは、あるボランティアさんのブログでした。南相馬市長室前でしつこく粘り、市長に直訴、職員が週一で餌やりするという約束を取りつけて喜んだのも束の間、担当職員がガンとして動かない。市長に談判しに、今日も市役所へ行くとのこと。ちょうど高邑勉衆議院議員(当時)のブログを読んだところだったので、コメント を入れました...

  •  1
  •  -

プロメテウスの罠と共に振り返る:6/16~17 (いのちの記録7)

No image

いのちの記録:7 「犬も人も救われた」(04/01) コジマの名前が出てきました。「2日間で環境は大幅に改善した」その2日間の様子が、コジマのHPに載っています。■6/16~17・・・福島県ペットシェルター支援活動 (写真25点)「いのちの記録:4 80日ぶりに床の上で」 の、「河又の依頼を受けたペット業者の支援で」。実はこれもコジマでした。■6/1~5・・・あづま総合運動公園避難所ご支援(1) 活動経緯とあづま総合運動公園の子たち■6...

  •  0
  •  -

プロメテウスの罠と共に振り返る:4/26 (いのちの記録6)

No image

いのちの記録:6 こいつら心病んでる(03/31) 当時ネットで膨大な情報を集めた私ですが、このシェルターのことは把握できませんでした。なるほど、秘密基地のような存在だったわけです。かたくなに所在地を隠す。出入りするのは県職員だけ。一切の光が出てこないブラックホールのようなものです。ここまで書いて、あることに思いあたりました。前の記事 で書いた、4/26の件。民間の獣医師に話がおりた途端、瞬く間にネットで広が...

  •  0
  •  -