プロメテウスの罠と共に振り返る:今年の4月 (いのちの記録15・16)

2013.04.26 [edit]


これらの回が掲載された頃、汚染水問題がしきりに報道されていました。



どんどん増え続けるのに、保管能力が追いつかない。
似ている、と思った。

国にとって、汚染水同然だったのかもしれない。
あとの管理ができない。
だから汚染水を出すな。
冷却するな。
線量が自然に下がるのを待て。

動物たちに行われたことは、これに近い。


ヨウ素131の半減期、8日。
トリチウム、12.3年。
ストロンチウム90、28.8年。
セシウム137、30年。
プルトニウム239、2.4万年。

20km圏の猫、犬、鶏、豚、牛・・・の半減期は、何日だったんだろう。
 



スポンサーサイト


プロメテウスの罠と共に振り返る:10月 (いのちの記録14)

2013.04.23 [edit]


いのちの記録7」とコジマ「支援活動のご報告」を付き合わせると、パチンコ店を押さえたのは6月10日頃ということになります。
4ヶ月がかりの改装。9千万円の設備。
(犬 78+猫 40= 118匹分の個室だから、1匹あたり76万円!?)

レスキューしたら保護場所が必要なのは、民間ボランティアも同じです。
3.11後に設立された民間シェルターの資料を作ってみました。
各愛護団体さんが福島で活動を始めた頃や、シェルターを作った頃のブログ記事に、それぞれリンクしてあります。

名称(所在地)初動シェルター設立収容数
一般社団法人SORA
(福島)
活動報告1'11年5月犬25~30
猫25~30
LYSTA
(福島)
epi.4'11年12月 犬舎設置
'12年6月 第2犬舎設置
犬15
猫11
('12.12)
NPO法人
犬猫みなしご救援隊
(広島)
'11年3月
20日~
'11年4月5日頃
福島臨時拠点確保
'11年4月24日頃
栃木拠点確保
320匹
('12.12)
一般社団法人
ランコントレ・ミグノン
(東京)
'11年3月
24日
'11年4月
東金シェルター開設
12匹
('12.5)
犬猫救済の輪
(神奈川)
'11年3月
30日~
'11年3月30日臨時シェルター
'12年7月 新シェルター
猫60
('12.9)
福島原発20キロ圏内
犬・猫救出プロジェクト

(神奈川)
'11年3月
31日
'11年猫30~40
('12.2)
ねこさま王国
(福井→福島)
'11年4月
15日~
'11年8月
13日「にゃんこはうす」オープン
猫70超
('12.3)
一般社団法人
にゃんだーガード

(愛知→福島)
'11年4月
19日~
'11年4月 27日第1シェルター確保
'11年12月 第2シェルター確保
犬20
猫50
('12.10)
一般社団法人
311福島被災動物救援隊
個人活動'13年3月 ハウス型シェルター『福猫舎』オープン猫41
'13.3)


各シェルターでは今日も、保護されたワンニャンの世話が続いています。
ぜひご支援をお願いします。
 





プロメテウスの罠と共に振り返る:5/12~8/3 (いのちの記録13)

2013.04.20 [edit]


震災から1年生きのびた牛たちの殺処分。

一昨日の18日、対称的な出来事がありました。
大熊町で2年間生きのびた牛たちが、処分をまぬがれて、浪江町の「希望の牧場」さんに移送されたというものです。
福島第1原発からわずか50メートル地点からのレスキューでした。



5月から8月初め、殺処分が進められる一方でサンクチュアリが次第に形を成していった時期の記録を、膨大な量ですが時系列で並べてみます。

5月
■5/12 「警戒区域内における家畜の安楽死処分について」農林水産省プレスリリース
■5/12 新庄動物病院の掲示板 高邑議員ブログから「警戒区域内家畜・動物」調査プロジェクト転載
■5/12 「今日、報道の家畜 安楽死について」カズ社長のブログ
■5/12 「ごめんよ」うちのとらまる
■5/13 「放たれた牛や豚の安楽死」新庄動物病院の掲示板
■5/14 「命」新庄動物病院の掲示板
■5/14 「安楽死の方針を受けて」玉木議員ブログ
■5/15 「生きてるんですよ!」「警戒区域」新庄動物病院の掲示板
■5/15 「わが家のヒツジ、ヤギたちの生きる道」カズ社長のブログ
■5/16 平成23年5月16日衆議院予算委員会速記録(議事速報)
■5/16 「サンクチュアリ構想(衆議院予算委員会での政府答弁)」玉木委員ブログ
■5/16 「安楽死への対応(その後)」玉木議員ブログ
■5/16 「鹿野農水大臣」新庄動物病院の掲示板
■5/16 「警戒区域の家畜 安楽死は間違いと政府を追及」IBTimes
■5/16 「衆議院議員T氏からの朗報」カズ社長のブログ
■5/17 「菅総理  犬、猫、犬、犬犬。。。牛。」新庄動物病院の掲示板
■5/17 「警戒区域の家畜 飼育継続を検討」 NHK
■5/17 「ファーム・サンクチュアリ構想の協力者」カズ社長のブログ
■5/18 「村長との対話、わずか5分・・・・」カズ社長のブログ
■5/20 「種豚の移動について」玉木議員ブログ
■5/20 「豚が出ます。」「国として、個人として」新庄動物病院の掲示板
■5/20 「警戒区域内の家畜の安楽死処分の対応に関するQ&A」農水省
■5/22 「ひとときのしあわせ」うちのとらまる
■5/22 「時間とともに悪化します。」新庄動物病院の掲示板
■5/22 「村長との会談2」カズ社長のブログ
■5/23 「母の移動ムリ、家畜置いては…警戒区域に18人」読売
■5/23 「走る豚」うちのとらまる
■5/23 「我慢??」新庄動物病院の掲示板 高邑議員ツイッターから
■5/25 「明日。」新庄動物病院の掲示板
■5/25 警戒区域の家畜「処分せず研究に活用を」 - 毎日
■5/25 「20キロ圏内の家畜の保護」官邸に申し入れ 高邑勉衆議院議員ら
■5/25 「明日は、殺処分の説明会」カズ社長のブログ
■5/26 「官邸に20km圏内の家畜保護を申し入れ」玉木議員ブログ
■5/26 新庄動物病院の掲示板 テレ朝出演
■5/26 「やじうまテレビ」新庄動物病院の掲示板「殺処分撤回を!20km圏内残る家畜の…」テレ朝
■5/26 「殺処分と賠償額」カズ社長のブログ 川内村・殺処分説明会レポート
■5/27 「家畜の安楽死」難航 無断放牧など混乱も - 毎日
■5/27 川内村で乳牛殺処分開始
■5/27 「これからを考える。」新庄動物病院の掲示板
■5/28 「天地人~サンクチュアリ構想に必要なもの~」カズ社長のブログ
■5/29 「日本は、こんなんですね。」新庄動物病院の掲示板 阿部議員動画など
■5/29 「チラシつくりました」 「一歩一歩前へ」 カズ社長のブログ
■5/29 「殺処分せず牛を研究飼育」福島民報
■5/30 「わが家のヤギ・羊達」カズ社長のブログ
■5/31 葛尾村で殺処分説明会


6月
■6/1 「安楽死やむを得ず」畜産農家も 葛尾 - KFB
■6/1 「法令の範囲内で生かす道」カズ社長のブログ
■6/3 「当たり前の問題」新庄動物病院の掲示板 報ステが関心
■6/4 「シラをきるカズ社長」カズ社長のブログ
■6/5 「カリプソはいるのか?」新庄動物病院の掲示板
■6/5 「公益立ち入り6・5(上) (中) (下)「安楽死後の雑な処理」 カズ社長のブログ
■6/7 「メモ的雑記帳」新庄動物病院の掲示板
■6/8 「ファーム・サンクチュアリ」「プレスリリース」新庄動物病院の掲示板
■6/9 「20km圏内の畜産農家からのヒアリング及び今後の生存家畜の保護活動について」 報告会
■6/9 「記者会見」新庄動物病院の掲示板
■6/9 「警戒区域内で死に絶える動物たち」カズ社長のブログ
■6/10 「昨日の写真」「ラジオでうったえる!」「さぁ!はじまります!」新庄動物病院の掲示板
■6/10 「被災地へ先陣をきって入られた、今本成樹獣医師がラジオ生出演」ならどっとFM
■6/10 「高邑先生と畜産家さんの意見交換会がありました」カズ社長のブログ
■6/11 「理想と現実」「犬や猫の問題」新庄動物病院の掲示板 口座名称の問題など
■6/12 「たかむら議員がテレビに出るみたいですよ」新庄動物病院の掲示板
■6/13 「私もファームサンクチュアリについて、お答えします」新庄動物病院の掲示板
■6/13 「事務員の一時帰宅(上)」 「富岡の牛たち」 カズ社長のブログ
■6/14 たじま要<現地本部長日記>6月14日 五つの新しい取り組み 希望の牧場プロジェクトに言及
■6/15 「動き」新庄動物病院の掲示板
■6/15 「仮設は暑いです」カズ社長のブログ
■6/16 「たかむら勉」新庄動物病院の掲示板 ワイドスクランブル出演
■6/17 「電気」新庄動物病院の掲示板
■6/18 「週末は、ホテルもいっぱい。頭もいっぱい。」新庄動物病院の掲示板 多くて牛豚4000頭生存
■6/18 「高邑先生と川内村長の会談」カズ社長のブログ
■6/21 牛を殺さない「希望の牧場」構想 - サンデー毎日
■6/21 「川内村の牛たちは・・・」カズ社長のブログ 全農家が殺処分同意
■6/21 「小学生って賢い」新庄動物病院の掲示板 豚の殺処分が始まる
■6/22 「南相馬市の家畜殺処分について」カズ社長のブログ
■6/22 「取り残された家畜やペット、家族と同じ 獣医師・今本さん講演」毎日
■6/22 「大阪府立大学」新庄動物病院の掲示板
■6/23 「参考資料」「村八分」新庄動物病院の掲示板 新聞紙面
■6/24 「落日」うちのとらまる
■6/24 「ほんまのサンクチュアリ」新庄動物病院の掲示板
■6/25 「奇跡の豚 902」新庄動物病院の掲示板
■6/25~26 夏堀雅宏
■6/26 「まだ生きてます」新庄動物病院の掲示板
■6/27 「福島第一原発20キロ圏内の今後」鈴木けいすけブログ
■6/27 「顛末」新庄動物病院の掲示板 報ステ
■6/27 「ブログ開設いたしました。」「明日は公益立ち入りです」アニマルフォレスト
■6/28 「公益立ち入り6・28」 「続・公益立ち入り6・28」 カズ社長のブログ
■6/28 「会社の羊たち」アニマルフォレスト
■6/28 「今日からのこと」「・・・・」「メディア」新庄動物病院の掲示板
■6/28 「福島原発20キロ圏内の家畜は・・・」山際大志郎さん
■6/29 「オフサイトセンター  被災動物保護牧場」新庄動物病院の掲示板
■6/30 「経過」新庄動物病院の掲示板 設立趣旨書製作
■6/30 「7/2~7/4 南相馬へ」エーピーエフ番外地


7月
■7/1 たじま要<現地本部長日記>赴任一ヶ月を振り返って 希望の牧場プロジェクトに言及
■7/1 「20キロ圏内の命が消えつつあります」アニマルフォレスト
■7/1 「20㎞の壁」「農家さんからの声が、、、痛い」「これも見てください」新庄動物病院の掲示板
■7/2 「出張」「北里大学」新庄動物病院の掲示板
■7/2 「カズ社長の秘策」アニマルフォレスト
■7/3 「生きてる!」エーピーエフ番外地
■7/3 「AVA-net総会、ALIVE勉強会」 6/25立入の報告
■7/3 「福島県の畜産家さんと会談」カズ社長のブログ
■7/4 「アニマルフォレスト」
■7/4 「イチゴのきょう」エーピーエフ番外地
■7/5 「イチゴのその後」エーピーエフ番外地 「希望の牧場」始動
■7/5 「研究」「問題点」「ケーブルテレビ」新庄動物病院の掲示板
■7/6 「個人活動に戻ります」「進展」「個人として」新庄動物病院の掲示板
■7/7 「できることをやった一日」新庄動物病院の掲示板
■7/7 「7・10 南相馬市20km圏内に・・・」カズ社長のブログ
■7/8 「今日の一言」「私の要望書です」新庄動物病院の掲示板 観光牧場への牛輸送計画
■7/8 「叫び」うちのとらまる
■7/8 本日16時より「希望の牧場」会議「希望の牧場」プロジェクトの中身 エーピーエフ番外地
■7/9 「名前」「表情」「要望書」新庄動物病院の掲示板
■7/9 「助かる命」うちのとらまる イチゴ
■7/10 「紙切れが握る命」新庄動物病院の掲示板
■7/10 「いじめ」エーピーエフ番外地
■7/10 「イタリアン台風・到来?」カズ社長のブログ エム牧場視察
■7/11 「警戒区域の放射能被害の状況」新庄動物病院の掲示板
■7/14 「思考」新庄動物病院の掲示板
■7/14 「さまざまな被災地支援のカタチ~獣医師、今本成樹先生の活動」dog actually
■7/15 「サンクチュアリに逆風・・・」カズ社長のブログ
■7/15 「世界へのメッセージ」新庄動物病院の掲示板
■7/16 「情報管理」新庄動物病院の掲示板
■7/16 希望の牧場に太陽光パネル設置 - 高邑議員ツイート
■7/18 「エム牧場に太陽光発電が設置された様です」カズ社長のブログ
■7/18 「ティアハイム構想」新庄動物病院の掲示板
■7/19 「ダチョウ楽園シュトラウスランド」矢口海ブログ
■7/19 「終わらせるつもりですか?」新庄動物病院の掲示板
■7/19 「ゴン太ごめんね、もう大丈夫だよ!福島第一原発半径20キロ圏内犬猫救出記」出版
■7/19 「サンクチュアリの状況と…」アニマルフォレスト
■7/20 「22日、川内村公益立ち入りに行ってきます」アニマルフォレスト
■7/20 「長島一由議員」新庄動物病院の掲示板
■7/20 あの「動物のお医者さん」が悩んでいること。- 長島議員ブログ
■7/21 今本獣医師との対談動画アップしました。- 長島議員ブログ
■7/22 「今日の公益立ち入り」カズ社長のブログ 苦情対応
■7/22 「公益いってきました」アニマルフォレスト
■7/22 「希望の牧場 ~ふくしま~」 ブログ開設
■7/23 「希望の牧場」ブログ開設 - エーピーエフ番外地
■7/24 「山羊さんの写真をお届けしました」アニマルフォレスト
■7/24 「個人プレー」新庄動物病院の掲示板
■7/25 「風評か事実か…。」新庄動物病院の掲示板
■7/25 「希望の牧場~ふくしま~について」カズ社長のブログ
■7/26 家畜おたすけ隊 ブログ開設
■7/26 「明日から」「福島の問題」新庄動物病院の掲示板
■7/27 「希望の牧場~ふくしま~プロジェクト」団体設立
■7/27 「のこされた動物たち」発売
■7/27 「決死救命」うちのとらまる
■7/27 「何故、こんな事になっているのか・・・・?」カズ社長のブログ
■7/28 「さまざまな被災地支援のカタチ~獣医師、今本成樹先生の活動 (2)」dog actually
■7/30 「福島第一原発、20キロ圏内の世界」野口健


8月
■8/1 「家畜農家さん達が・・・・・」カズ社長のブログ 次々と安楽死同意
■8/3 「のこされた動物たち パネル展」うちのとらまる
■8/3 「福島県、警戒区域内の牛処分急ぐ 豚、ニワトリほぼ終了」河北新報
■8/3 「豚は、全頭処分終了らしいです。」新庄動物病院の掲示板 河北新報の記事転載


(高邑議員のブログが無くなってしまったのが残念です。貴重な記録でした。)




原発一揆~警戒区域で闘い続ける“ベコ屋"の記録






プロメテウスの罠と共に振り返る:5/14 (いのちの記録12)

2013.04.16 [edit]


美しい。死なせてはいけない。
110516ツイート
当時、あるブログを見て私がツイートした言葉です。
牛の写真で「美しい」と感じたのは、生まれて初めてでした。

リンク先は http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/62801346.html
文章から判断すると、撮影日は5月14日。
国が安楽死を決めたのも知らずに、牛たちはこうして草を食んでいる。

どうして、この美しいものを、殺すことができるのでしょうか。






プロメテウスの罠と共に振り返る:5/12 (いのちの記録11)

2013.04.15 [edit]


「所有者の同意を得た上で」の原文です。

平成23年4月21日付け指示により、関係市町村長が設定した警戒区域内において生存している家畜については、当該家畜の所有者の同意を得て、当該家畜に苦痛を与えない方法(安楽死)によって処分すること。

農林水産省「東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う警戒区域内における家畜の安楽死処分について」平成23年5月12日

たったこれだけの短い文章で、たくさんの命が絶たれることになりました。

過去の記事から、牛関連の記録を抜粋します。
3月12日、避難指示。
■4/10 牛や犬と涙の別れ 福島・浪江「2次避難」- 産経
■4/11 【原発10キロ圏内取材】見捨てられ鳴き叫ぶ牛たちの悲しき末路 - ロケットニュース
■4/15 「牛たち」うちのとらまる
■4/15 「福島第一原発周辺の動物たち その1その2その3その4その9」新庄動物病院の掲示板
■4/18 「被災動物の保護に関する要望」動物愛護議連が政府に提出
■4/19 「牛たちの運命」うちのとらまる
■4/19 「牛3千頭・豚3万匹、原発20キロ圏に…餓死か」読売
■4/21 「原発20km圏内の民家内を牛が占拠 部屋から出すのは困難」ポストセブン
■4/21 福島第1原発:牛に「ごめん」 警戒区域化で最後の世話 - 毎日


4月22日、警戒区域に。
■4/22 「20キロ圏内、残された家畜を救え」TBS
■4/23 「警戒区域の家畜の扱いで要望」NHK
■4/23 飢えに苦しむ牛たち未公開映像 / 政府の的確な対応が求められる - ロケットニュース
■4/23 高邑議員が南相馬の養豚場を視察


県が殺処分の方針発表。


たくさんの人が奔走しました。
■4/26 「2回目も殺処分なし 福島、警戒区域立ち入り」産経
■4/26 「警戒区域の動物への対処。」長島一由
■4/27 国会議員6名が官邸へ申し入れ(城島光力岡本英子生方幸夫玉木雄一郎・他)
■4/27 「…多くのペット、動物たちが置き去りにされています。遅すぎる緊急対策。」山崎誠
■4/28 農林水産委員会
■4/30 衆議院災害対策特別委員会 「二十キロ圏内の牛や豚は何で出せないのか」と長島委員
■5/1 「原発周辺の動物の救済の予定」新庄動物病院の掲示板
■5/2 「早朝から動きます」新庄動物病院の掲示板
■5/2 「あきらめない人たち」新庄動物病院の掲示板
■5/2 「社団法人フリーペッツが警戒区域内の動物(ペットまたは家畜等)の救護に関する要望書を…」
■5/3 「南相馬市からの報告(警戒区域内の家畜、ペットについて)」玉木雄一郎
■5/4 国会議員が視察(城島光力玉木雄一郎・高邑勉・藤田憲彦・他)
■5/4 「とにかく、くってみっとうまいのがわがっから」新庄動物病院の掲示板


5月7日、犬猫に朗報。
「一時帰宅にあわせ、ペットを救済する方針」日テレNEWS24
警戒区域の動物たちに追い風が吹いてきたような気がしました。
ウシさんたちにも、きっと良いニュースがあるに違いない。そう思いました。



しかし、5月12日。
内閣総理大臣から福島県知事へ、安楽死指示。
平成23年4月21日付け指示により、関係市町村長が設定した警戒区域内において生存している家畜については、当該家畜の所有者の同意を得て、当該家畜に苦痛を与えない方法(安楽死)によって処分すること。

震災から2ヶ月生きのびた末の、死刑宣告でした。

 




プロメテウスの罠と共に振り返る:12/7~27 (いのちの記録10)

2013.04.14 [edit]


「官」のデータを表にまとめました。

日程内容保護実績備考
開始終了
20114/285/2調査保護27229いのちの記録:5 20キロ圏内うろつく犬
5/108/26住民一時立入1巡目300191491県職員387名(延べ)、他自治体職員72、県内獣医師8、県外獣医師12
いのちの記録:6 こいつら心病んでる
いのちの記録:8 それでもまた行った
いのちの記録:9 猫の保護は後回し
8/3110/23先行調査161531対応日数26日間、従事者数87名(延べ)
10/2411/18一斉保護422062県職員85(延べ)、他自治体職員129(延べ)
11/1912/31定期立入による保護49453 
小計434232666 
20123/13/19集中保護第1回1393106捕獲機と誘引餌による保護
(関係団体に委託)
いのちの記録:15 これ野良猫だよね?
9/710/2集中保護第2回1131132
12/312/21集中保護第3回38588
小計17309326 
2011年4月28日~
2012年12月末日 合計
451541992 


元データは、「平成24年度福島県動物愛護推進懇談会(2013.2.15開催)」議題2資料です。
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet;jsessionid=AF16E86CD45AD3F887F8EED261FE7ECD?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=34961

いのちの記録:9 は「猫の保護は後回し」というタイトルでした。
まさに後回しにされていた様子が、表の数字にあらわれています。


12/7~27、民間16団体による成果は、犬34、猫298
猫に関しては「官」の1年分に匹敵する数字でした。

早期に官民連携ができていれば。






プロメテウスの罠と共に振り返る:4/21~4/27 (いのちの記録9)

2013.04.11 [edit]


警戒区域発動の前日、環境副大臣が記者会見でこう述べています。
 これに関連して、これもまた被災者の方から要望等が出ておりました、ペットの連れ出しについてであります。ペット連れ出しをする、スクリーニング等の態勢についてどうするかという調整が行われているところであります。まだ、最終的にどういう形にするかということが固まってはいませんけれども、基本的には、調整をさせていただいて、避難をされている方の要望に応えるという方向でおります。動物愛護団体や日本獣医師会等と連携をしつつ、原子力被災者生活支援チームから相談が出ておりますので、環境省として、連携をして、応じてまいるということであります。

政務三役会議及び環境省緊急対策本部会議後記者ブリーフ会見録(平成23年4月21日(木))


これを報道したのは産経だけでした。
■4/21 23:48 警戒区域設定で環境省、ペット連れ出しを検討(産経新聞)


環境省HPで会見録が公開されたのは、6日後の27日。
その6日のあいだ、この産経の記事しか情報がなく、やきもきさせられました。
記者会見に産経しか出席していなかったとは思えません。
他社では記事にする価値がないと判断されたのでしょうか?
それとも何かほかの理由があったのでしょうか?

27日の晩になって、「福島県」からの発表を受け、今度は一斉に報道されます。
■4/27 20:29 <福島第1原発>警戒区域内のペット保護へ 必要あれば除染(毎日新聞)
■4/27 21:14 20キロ圏内のペット保護へ=28日から調査―福島県(時事通信)
■4/27 21:37 20キロ圏内でペット保護へ…獣医師立ち入り(読売新聞)
■4/27 23:23 ペットの犬と猫、20キロ圏内保護へ 福島県(日本経済新聞)
■4/27 23:51 警戒区域内に取り残されたペット 環境省が現地調査へ(産経新聞)


各紙がこう報じていたとき、緊急災害時動物救援本部のHPには、「国から許可が下りず」と書き加えられていました。
本当なら、同じ28日に、給餌給水や保護を行うはずでした。

動物愛護団体や日本獣医師会等と連携をしつつ……
現実は、その環境副大臣の発言とはかけ離れたものだったことを、いのちの記録:9 を読んでしみじみと感じます。






プロメテウスの罠と共に振り返る:4/26~27 (いのちの記録8)

2013.04.10 [edit]


「猫おばさん」の存在を知ったのは、あるボランティアさんのブログでした。

南相馬市長室前でしつこく粘り、市長に直訴、職員が週一で餌やりするという約束を取りつけて喜んだのも束の間、担当職員がガンとして動かない。
市長に談判しに、今日も市役所へ行くとのこと。

ちょうど高邑勉衆議院議員(当時)のブログを読んだところだったので、コメント を入れました。
自分の文章ですので、全文転載します。
警戒区域内の家畜を視察して官邸に報告している衆議院議員さんがいらっしゃいます。官房副長官が関心を寄せて電話してきたとのこと。この議員さん、毎日のように南相馬に通って、今日は市の対策本部会議に出席されるとブログで書かれています。
http://www.takamura-tsutomu.com/archives/1462678.html
猫おばさん、この議員さんをつかまえて訴えてみてはいかがでしょうか。
きらら 2011-04-26 08:43:36

市役所で座りこみしている猫おばさんが、通りかかった高邑議員を捕獲(!)する。
そんなイメージで提案させていただいたのですが、実際には、コメントをご覧になったボランティアさんが高邑議員に即メールして、翌27日には直接電話という展開になったそうです。


高邑議員は、猫おばさんや被災犬猫の強い味方となってくださいました。
自らフードを運んだり、衰弱した犬猫を病院にお連れくださったこともあります。




私のコメントがなくても、いずれ猫おばさんと高邑議員がつながるのは時間の問題だったでしょうが、それでもネコ1匹分ぐらいは貢献できたでしょうか。


当時の猫おばさんの状況を詳しく知りたい方は、にゃんにゃもさんのブログをご覧ください。
警戒区域発動直後の 4/23 から綴られています。


猫おばさんの闘いは今も続いています。

つい昨日も「猫ドライフードご支援のお願い」という記事が出ました。
ご支援をお願いします。



(高邑氏の当時のブログは、残念ながら見ることができません。ドメインが乗っ取られてしまったようです)






プロメテウスの罠と共に振り返る:6/16~17 (いのちの記録7)

2013.04.09 [edit]


コジマの名前が出てきました。
2日間で環境は大幅に改善した」その2日間の様子が、コジマのHPに載っています。


「いのちの記録:4 80日ぶりに床の上で」 の、「河又の依頼を受けたペット業者の支援で」。
実はこれもコジマでした。
■6/1~5・・・あづま総合運動公園避難所ご支援(1) 活動経緯とあづま総合運動公園の子たち
■6/1~5・・・あづま総合運動公園避難所ご支援(2) 現地の様子など(写真18点)
■6/1~5・・・あづま総合運動公園避難所ご支援(3) 設備が作られていく様子(写真18点)


「いのちの記録:14 犬猫の幸せって何だ」 の、「ペットチェーンなどの支援を受け」。
これも。


ふと、思ったこと。
この実績を、全国の動物愛護センターの環境改善にもつなげてほしい。

今月1日、公立図書館でありながらTSUTAYAが運営するという、画期的な図書館が武雄市に誕生しました。
動物愛護センターも、そういう形があってもよいのではないでしょうか。

(そして、生体販売からは撤退してください・・・)







プロメテウスの罠と共に振り返る:4/26 (いのちの記録6)

2013.04.08 [edit]


当時ネットで膨大な情報を集めた私ですが、このシェルターのことは把握できませんでした。
なるほど、秘密基地のような存在だったわけです。

かたくなに所在地を隠す。出入りするのは県職員だけ。
一切の光が出てこないブラックホールのようなものです。

ここまで書いて、あることに思いあたりました。
前の記事 で書いた、4/26の件。

民間の獣医師に話がおりた途端、瞬く間にネットで広がりました。
守秘義務に縛られた公務員ではあり得ないことです。
それが問題となって、ちゃぶ台返しが起きた可能性はないでしょうか。

(ただの推測です。まったく見当はずれかもしれません)







最新記事
こんなネタで書いてます

プロメテウスの罠
支援物資 後方支援 肉球タワシ リサイクル JAWS CIAO チャオプチ リコール ペットフード いなば ちゅ~る フリマ 使用済み切手 パパ 化猫 猫とPC 便利グッズ 古着 カレンダー Googleカレンダー 通院 検査結果 ツノ ブラシ 動画 寄付 曽野綾子 熊本地震 葉書 使用済切手 オーラルピース ナイシン 抗菌剤 重曹 口内炎 口腔ケア ネオナイシン きえ~る タオル テレカ 乳酸菌 歯磨き 消臭剤 モニプラ 商品レビュー デマ 抗生物質 肛門腺 EM菌 これはなんでしょう 推定誕生日 100均 ハンドメイド おぱんつ ダイソー カラス ベランダ 電柱 鳥獣保護法 はるかぜちゃん 足跡 肉球 リメイク Tシャツ 人喰猫 猛猫 セリア トイレ 牛乳パック ゴミ袋 書き損じ葉書 ベジタリアン 猫カフェ 猫バンバン 日産 にゃんにゃんにゃんもっく 無断リンク 無断転載 web管理 著作権 転載 引用 リンク 文化庁 かぎシッポ 危機管理 ハンモック ペットシーツ 防災 地震 レジカゴバッグ ゴジラ 猫じゃらし おもちゃ 割り箸 掃除 ペットディフェンス 網戸 フード 銀のスプーン 湘南ねこの会 非常袋 問題 猫又 妖猫 慢性肝炎 白髪 血液検査 モグラ アイムス ケージ 避妊手術 ケタミン 麻酔 TNR メラミン 入院 マステ キャットハウス 竹シーツ メルアド便 洗剤 洗濯 おひざねこ タオルケット 毛布 布団カバー シーツ ラグ 古本 買取 雑誌 詐欺 セキュリティ 警察 スリング 腰痛 肩痛 首痛 ジョジョ立ち 朝食 布団 フリース ベッド すのこ マシュマロベッド 首輪 キャリー 身柄確保 収納 バスルーム 猫顔ポスター 編物 カーテン 補修 ワードアート エクセル 編み図 にゃんこはうす 採尿 膀胱炎 四万十の水 ミネラルウォーター カイロ 古タオル ニンゲンの手 エコ レシピ 家事 エアコンマット 事件簿 グリセリン 石鹸 オリンピック 結露 プラダン チイ ドアレバー 怪猫 ソルビエント ご近所対策 招き猫 アニメ 猫顔バナー 楽天ブログ 朝顔 ガーデニング アマゾン ユニクロ 衣類 50肩 節約 おやつ エアコンマットそよ クロネコヤマト メール メール便 スピーカー 図書カ 脱走防止 amazon プロメテウスの罠 おこめ券 ビール券 無印 コジマ 東日本大震災 犬猫救済の輪 毛糸 ススワタリ 猫草 セシール ことさが 楽天 底値 黒丸 新黒丸 募集 クロネコ イカ 着る毛布 暖パン 期間限定ポイント テーブルクロス 数学 ツイッター ナチュラルクリーニング 換気扇 キッチン エコ掃除 大掃除 ブランケット もち吉 お歳暮 投薬 アフィリ バネ指 ネフガード 箪笥にニャン 切手でボランティア ばね指 怪我 排水口ネット 屋根裏 コピー用紙 マスキングテープ ヒトの健康 フィッシング 人間ベッド 蝙蝠 タッパー オーブントースター 猫耳 こうして原発被害は広がった 菅直人 枝野幸男 国会 財布 フェイクレザー ギフト 器物破損 キッカー クーnyan動画館 楢山節考 初島 ひにゃたぼっこ 吐く 留守番 ブログパーツ サイドバー 日本沈没 キャットウォーク SH-11C ファッション 毛皮反対 フロンテ 猫語入力 黒猫 ピュリナワン 収入印紙 テスコム フープロ ボーソー油脂 粉石鹸 米ぬか マッサージクッション おやすみパンツ カムイ伝 マウスパッド マウス ヘアカット サローネ キドニーケア 床上浸水 台風 扇風機 ゲーム ネットでマングローブ クジラ アザラシ 化学 三石巌 分子栄養学 まとめ 福島 迷子 ポスター 被災地 高邑勉 議員 もんだい 玉木雄一郎 バックナンバー たかいたかい 福袋 新聞紙 黒猫ヤマト ゆうパック 巾着 膝痛 爪とぎ テーブル 行政 助成 東京都 ストルバイト ネタバレ 芸猫 首長竜 猫爪 TCG エリカラ 署名 動物愛護法 掃除機 ミラクリーナー エチケットブラシ 猫毛 体調管理 ドア 通風 マタタビ メラミン汚染 年賀状 切手 羽毛布団 エコバッグ サバイバルサック Web管理 石けん 2007ペットフードリコール コロイダルシルバー ミョウバン 草木染め ニオイ対策 猫ベッド 肉球タワシができるまで 冷凍保存 新聞紙トイレ 佐藤健太郎 ホルムアルデヒド ヘナ 飲水量 芋虫 暖房 異物誤飲 植物 ユリ 洗濯ネット 猫舌 キジバト エアコン 送料 郵便 石けん百科 汗対策 塩分摂取 動物実験 虫さされ 小説 天上の青 ノー絹 乳歯 押し入れ 目隠し アクリルたわし 食餌管理 食欲不振 ゼラニウム 消臭 クライミング マツムシ キャットミント 防寒 虫よけ 井上陽水 猫柄 ペットボトル 湯たんぽ 粉石けん 室内飼い サル 発情

ついったー
プロフィール

リンクフリー

きらら
く~にゃん(専属モデル)
パパ(ときどき登場)

拍手、ツイート、アフィリリンクからのお買物などしていただけると喜ぶかも♪

懐かしのバックニャンバー
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
きらら宛にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
猫に優しいイベント
記事に書いたモノ
(リンク先は楽天市場です)
最近チェックしたモノ
Amazon.co.jpアソシエイト
読書にゃう
ブログパーツ