メラミンの摂取量を「ヒモ」にたとえてみると 「犬・ネコの健康(1936)」

2009.04.03 [edit]
問題。

汚染フードに入っていたメラミンが「長さ10メートルの紐」だったとすると。
サイゼリヤのピザに入っていた紐の長さは?


【ヒント】「 のフードと人間のピザでは、身体への影響が 4ケタ、つまり 1万倍も違う」
(2008.10.22「サイゼリヤのピザのメラミンを計算してみると」より)






昨年の9月、10月。
日本中が大騒ぎでしたね。
「極めて微量で、健康に影響はない」って発表されても、「微量だって有害なものは有害だろ」とか「少しずつ体内に蓄積していけば」とか、皆さんそんな感じで。

このブログでデータを紹介してもコワイとかオソロシイとか言われちゃって、どうしたらわかってもらえるかな~と考えてたんですが。
ヒモの誤飲にたとえたらいいんじゃないかと思って。おそまきながら。


汚染食品1個あたりのメラミン量を、毒性データと比べてみると の記事で載せた表を、「紐の長さ」で表してみました。
ラット マウス ブタ ネコ
割合内容・影響
100m 


10m

1m

10cm



3日間投与→尿細管にメラミンシアヌレート結晶沈着
3日間投与→腎臓の水腫・尿細管に沈殿物
・メラミン濃度 0.5% のペットフード156g缶 1個(体重4kgの場合)(195)
・メラミン濃度 2,500ppm の粉ミルク 800cc(体重4kgの場合)(98)
・メラミン濃度 0.25% のペットフード 85g缶 1個(体重4kgの場合)(53)
2日間投与→結晶尿
・メラミン濃度 600ppm の粉ミルク 800cc(体重4kgの場合)(16)
・FDA でのメラミン単独の耐容一日摂取量 (TDI 0.63)
・欧州での耐容一日摂取量(0.5)
・カナダでの健康へのリスクがないと推定される用量 (0.35)

・チョコピローズ 1袋 (0.12)
1cmFDA でのメラミン及びシアヌル酸等の複合影響に関する不確実性を考慮した参照値 (TDIのさらに10分の1=0.063)





1mm



0.1mm

・ミルクソフトキャンデー 1袋 (0.026)
・クリームパンダ 1個 (0.025)
・冷凍チョコクロワッサン 1個 (0.016)
・冷凍あんこクロワッサン 1個 (0.014)
・グラタンクレープコーン 1個 (0.013)
・コーンチュール 1袋 (0.004)
・抹茶あずきミルクまん 1個 (0.002)
エッグタルト 1個 (0.001)
・ポテトチップス濃厚わさび醤油味 1袋 (0.00083)
たこ焼きセット30g 1個 (0.00055)
パン 100g (0.00015)


それで冒頭の問題の答えですが、ヒントにあるように10メートルの 1/10000 ってことで、1ミリです。


「先生っ! うちのミケちゃんが紐を飲み込んじゃったんです
「紐ですか、それは大変だ! それで、長さは?」
「1ミリですっ 1ミリだって危険ですよね、紐なんだからっ

あのときのピザとかクリームパンダの騒動は、こんなレベルだったんですよ。
ペットフードや粉ミルクの深刻さを思うとね……
1ミリの紐を食べたのと10メートルの紐を飲みこんだのと一緒にしないでくれって感じ……






なんで久しぶりにメラミンの話かっていうと、こんなニュースがあったから。

平成21年3月27日 独立行政法人農業環境技術研究所プレスリリース
農環研がメラミン分解微生物を土壌中から発見

世界に先駆けての発見なのかな? すごい!!
2007年のペットフード汚染のときに、メラミンの検査方法まで FDA に教えてもらっていた日本が、こんなものを発見しちゃいましたよ~~~

「概要」の項目で、2007年のフード汚染にきちんと触れています。
メラミンに対する認識を大きく変えた事件でしたからね~

農環研に拍手っ


猫に優しいミニ情報【港区】猫の去勢・不妊手術助成


スポンサーサイト


製造工場と輸入会社の関係

2008.10.25 [edit]
一昨日、頭痛に襲われたときに見ていたページ。
web から削除されました。

グーグルのキャッシュにはまだ残ってますけどね。

コレコレ
いつまで見られるかな~(笑)

前者は輸入会社、後者はその輸入会社が楽天に出しているショップ。
ショップの URLですが、製造工場の所在地そのまんまですね。

この工場、エッグタルトに続いて 2回目。


ん……

ペットフードのとき、工場内の交差汚染例があったからなぁ。


こういうこと書くとまた呪われるかな。(えっ?)

猫に優しいミニ情報10/26【代々木】毛皮反対デモ




サイゼリヤのピザのメラミンを計算してみると 「犬・ネコの健康(1936)」

2008.10.22 [edit]
資料 12 に、サイゼリヤのピザを追加しました。

資料3 は文字数オーバー寸前なので追加できませんが……
計算してみると、体重60kgの人が1枚食べた場合の体重1kgあたり摂取量は0.0075mg。
「グラタンクレープコーン」と「コーンチュール」の間になります。

たまにしか食べないものだし、ぜんぜん心配なさそうですね。



このピザ生地は 1枚 105g だそうですが、ペットフードの缶詰も1缶100g前後です。
比べてみます。


まず、メラミンの濃度。(資料1

 2007年の汚染ペットフード……2,500~5,000mg/kg (0.25~0.5%)
 サイゼリヤの汚染ピザ生地…… 4.3mg/kg (0.00043%)

あのときのペットフードの汚染度が、サイゼリヤのピザの比ではないことがわかります。
この数字に重量を掛けてみます。

 2007年の汚染ペットフード 5.5oz缶(156g)……390~780mg
 2007年の汚染ペットフード 3oz缶(85g)……212~425mg
 サイゼリヤの汚染ピザ生地 (105g)…… 0.45mg


これが 1食分のメラミンの摂取量ということになります。
人間の体重を 60kg、 を 4kg として、割ってみます。

 2007年の汚染ペットフード 5.5oz缶(156g)……体重1kgあたり 98~195mg
 2007年の汚染ペットフード 3oz缶(85g)……体重1kgあたり 53~106mg
 サイゼリヤの汚染ピザ生地 (105g)…… 体重1kgあたり 0.0075mg


のフードと人間のピザでは、身体への影響が 4ケタ、つまり 1万倍も違うわけです。
しかも、 は毎食がペットフードなのです。
人間は毎食サイゼリヤでピザを食べるわけではありません。



上の計算をしていて気づいたのですが、資料3 で重大なバグがありました。アセアセ
体調悪くて頭クラクラ状態で作ったからな~~(言い訳モード)

ところで、汚染ピザ生地を輸入した、ザ・ベスト創食って会社。
楽天にショップ出してます。本場中国の味だとか。
レビューを見るとリピーターさんも多いみたいですが……

そのショップ見てたらさらに頭痛が。ちょっと休みます。


猫に優しいミニ情報10/25【春日井】譲渡会




汚染食品1個あたりのメラミン量を、毒性データと比べてみると 「犬・ネコの健康(1936)」

2008.10.22 [edit]
資料第3弾。

経口摂取に関係するデータをかきあつめたものです。
条件の異なる実験を一律に比較はできないのを承知で、強引に並べてみました。
健康に影響を及ぼす量と、現実の汚染食品との“距離”を眺めていただければと思います。

ペットフード 1缶中のメラミン&シアヌル酸。(表2)
計算した当人も驚愕です。



【表1】メラミン等の単独影響

    米FDA「メラミン及びその類似化合物の暫定リスク/安全性評価」2008.10.3
    耐容一日摂取量(TDI) 体重1kgあたり 0.63mg

ラット マウス ブタ ネコ イヌ
TDI に対する割合内容・影響
5,015倍半数致死量 (3,160) ←食塩の致死量とほぼ同じ

↑ 









↑ 
1,000倍



↑ 
↑ 
↑ 
↑ 








↑ 
↑ 
↑ 

↑ 
100倍
↑ 
↑ 



10倍 
2週間投与→膀胱の潰瘍・結石・粘膜上皮過形成・異形成
2週間投与→膀胱結石、体重減少、腎臓の退色・陥凹
単回投与→結晶尿、多尿
13週間投与→膀胱の結石・潰瘍・粘膜上皮過形成・異形成
2週間投与→膀胱の潰瘍・粘膜上皮過形成・異形成
2週間投与→膀胱結石、体重減少
13週間投与→膀胱結石
1年間投与→結晶尿
2週間投与→(潰瘍はみられない)
13週間投与→膀胱結石、体重抑制、雄の膀胱粘膜上皮過形成、雌の尿細管上皮カルシウム沈着
6~16日間投与→食欲・体重減少、血尿(妊娠への影響はみられない)
2週間投与→膀胱結石
13週間投与→雄のみに膀胱結石・体重抑制、軽度の膀胱粘膜上皮過形成(腎臓への影響はみられない)
2年間投与→(雌ラットには腫瘍誘発が認められない)
2週間投与→(影響は認められない)
3日間投与→(腎臓での結晶は認められない)
6~16日間投与→(妊娠への影響はみられない)
13週間投与→雄のみに膀胱結石・軽度の膀胱粘膜上皮過形成(腎臓への影響はみられない)
1回投与→(投与量の50%が6時間以内に排泄)
2年間投与→膀胱結石、生存率低下。雄ラットのみ結石が腫瘍誘発
13週間投与→雄のみに膀胱結石・軽度の膀胱粘膜上皮過形成(腎臓への影響はみられない)
2年間投与→膀胱炎・結石・粘膜上皮過形成、生存率低下(腫瘍誘発はみられない)
11日間投与→(腎機能への影響は観察されない)
2年間投与→膀胱炎・結石・粘膜上皮過形成(腫瘍誘発はみられない)
2年間投与→(膀胱結石・腫瘍誘発はみられない)
2日間投与→(母体・胎児への影響はみられない)
・メラミン濃度 2,500ppm の粉ミルク 800cc(体重4kgの場合)(65)
13週間投与→雄のみに軽度の膀胱結石(腎臓への影響はみられない)
・FDAでの無毒性量 (NOAEL 63)
・カナダでの最小毒性量 (LOAEL 63)

2年半~3年間投与→(腫瘍の誘発はみられない)
2-3ヶ月間投与→結晶尿
・ラットの 13週間混餌投与で膀胱結石が 10%増加すると推定される用量の 95%信頼下限値 (35)
・メラミン濃度 600ppm の粉ミルク 800cc(体重4kgの場合)(16)
1倍FDA での耐容一日摂取量 (無毒性量の100分の1=0.63)



10分の1




100分の1



1,000分の1
5,000分の1
・欧州での耐容一日摂取量(0.5)
・カナダでの健康へのリスクがないと推定される用量 (0.35)

・チョコピローズ 1袋 (0.12)
・ミルクソフトキャンデー 1袋 (0.026)
・クリームパンダ 1個 (0.025)
・冷凍チョコクロワッサン 1個 (0.016)
・冷凍あんこクロワッサン 1個 (0.014)
・グラタンクレープコーン 1個 (0.013)
・コーンチュール 1袋 (0.004)
・抹茶あずきミルクまん 1個 (0.002)
エッグタルト 1個 (0.001)
・ポテトチップス濃厚わさび醤油味 1袋 (0.00083)
たこ焼きセット30g 1個 (0.00055)
パン 100g (0.00015) ←半数致死量の 2千5百万分の1




【表2】メラミン+シアヌル酸

    米FDA「メラミン及びシアヌル酸等の複合影響に関する不確実性を考慮した参照値」
    体重1kgあたり0.063 mg (2008.10.3)

ラット マウス ブタ ネコ
TDI/10 に対する割合内容・影響
10,000倍 
↑ 

1,000倍
↑ 
100倍 

10倍


↑ 
3日間投与→尿細管にメラミンシアヌレート結晶沈着
3日間投与→腎臓の水腫・尿細管に沈殿物
・メラミン濃度 0.5% のペットフード156g缶 1個(体重4kgの場合)(195)
・メラミン濃度 2,500ppm の粉ミルク 800cc(体重4kgの場合)(98)
・メラミン濃度 0.25% のペットフード 85g缶 1個(体重4kgの場合)(53)
2日間投与→結晶尿
・メラミン濃度 600ppm の粉ミルク 800cc(体重4kgの場合)(16)
・FDA でのメラミン単独の耐容一日摂取量 (TDI 0.63)
・欧州での耐容一日摂取量(0.5)
・カナダでの健康へのリスクがないと推定される用量 (0.35)

・チョコピローズ 1袋 (0.12)
1倍FDA でのメラミン及びシアヌル酸等の複合影響に関する不確実性を考慮した参照値 (TDIのさらに10分の1=0.063)





10分の1



100分の1

・ミルクソフトキャンデー 1袋 (0.026)
・クリームパンダ 1個 (0.025)
・冷凍チョコクロワッサン 1個 (0.016)
・冷凍あんこクロワッサン 1個 (0.014)
・グラタンクレープコーン 1個 (0.013)
・コーンチュール 1袋 (0.004)
・抹茶あずきミルクまん 1個 (0.002)
エッグタルト 1個 (0.001)
・ポテトチップス濃厚わさび醤油味 1袋 (0.00083)
たこ焼きセット30g 1個 (0.00055)
パン 100g (0.00015)


現在、WHO が「メラミン+シアヌル酸」のデータ等を募集中で、12月に新たなリスク評価が行われることになっています。

こうしている間にも研究が行われているんだろうか……
ラットさんたちの苦しみが少しでも少ないものでありますように(涙)


バグを見つけたら教えてくださいね。

<参考文献>
メラミン等による健康影響について 食品安全委員会 10/9・16
メラミンを検出した中国産菓子について 大阪市健康福祉局 10/15
中国産加工食品のメラミン混入問題に関するお詫びとご報告 トップトレーディング 10/8
自主回収商品について 丸大食品 9/26
人工乳摂取量 2007
既存化学物質安全性(ハザード)評価シート 2000


猫に優しいミニ情報10/24【福岡】リサイタル




メラミン混入製品をどのくらい食べたら耐容一日摂取量に達するか計算すると 「犬・ネコの健康(1936)」

2008.10.22 [edit]
資料第2弾です。
どのくらい食べたら、「メラミン 0.063mg」を摂取することになるのか。
それを体重倍すると、どのくらいの量になるか。

FDAによるメラミン及びシアヌル酸等の複合影響に関する不確実性を考慮した参照値:
0.063 mg/kg bw/d (2008.10.3)

この数値は正式には「TDI/10」なので、記事のタイトルも正確には「メラミン混入製品をどのくらい食べたら耐容一日摂取量の10分の1に達するか計算すると」にするべきですがややこしいので許してね

10/22追記:サイゼリヤのピザ生地によるデータを追加しました

メラミン濃度(mg/kg)体重1kgあたり体重4kgの場合体重60kgの場合
5000[北米]ペットフード0.013g0.05g0.76g
2500[北米]ペットフード
[中国]粉ミルク
0.025g0.1g1.5g
500[中国]粉ミルク0.13g0.5g7.6g
100[中国]粉ミルク0.63g2.5g38g
50チョコピローズ(54)1.3g5.0g76g
30クリームパンダ(37)
冷凍クロワッサン(15~36)
2.1g8.4g126g
10グラタンクレープコーン(13.6~14)
[中国]牛乳(10~12)
6.3g25g378g
5ピザ生地13g50g756g
1エッグタルト(1.4)
たこ焼き(0.6~1.1)
63g252g3,780g
0.1以下パン(乾燥全卵2%)630g以上2,520g以上37,800g以上

4kg ってのは、ネコとか、ヒトの赤んぼとか。(うちの ク~ニャン が 4.1キロ)
60kg は成人です。

盛岡のパンなんか、もう消費されてしまったそうですけど、全然心配いらない!
(体重の半分以上食べるなんてギャル曽根ちゃんでも無理でしょ~)

チョコ 76g とかクロワッサン 126g なら食べるかもって?
だいじょうぶ。そのくらいじゃ死にませんから。(笑)

資料第3弾で、摂取量と症状の一覧表も作りますので……


計算ミスを見つけたら、教えてくださいね

猫に優しいミニ情報【川崎】譲渡会 毎月第3日曜日




メラミンの混入量を計算すると 「犬・ネコの健康(1936)」

2008.10.22 [edit]
ペットフードから乾燥全卵まで、どのくらいのメラミンが入っていたのか一覧表にしてみました。
昨年 たちを襲った試練のすさまじさが、あらためてわかります。

パーセンテージも併記します。
(ミリグラムなんて、普段使わないもんな~)

10/22追記:サイゼリヤのピザを追加しました。

製品メラミン量備考
mg/kg%
[北米] 小麦グルテン(に偽装されていた小麦粉)50,000~100,000 5~10%*1
[北米] ペットフード2,500~5,000 0.25~0.5%小麦グルテン 5% 使用の場合 *2
[中国] 乳幼児用調製粉乳2,5630.26%1サンプルのみ *3
[中国] 0.09~6190.000009~0.062%*3
[中国] 牛乳10~120.001~0.0012%丸大食品製品の原材料 
[日本] グラタンクレープコーン140.0014%丸大食品 自主回収中
[日本] エッグタルト1.40.00014%兼松 自主回収中
[日本] チョコピローズ等 4品目0.5~540.00005~0.0054%エヌエス・インターナショナル 自主回収中 *4
[日本] たこ焼き0.7~1.10.00007~0.00011%住金物産 自主回収中
[日本] 冷凍クロワッサン等4品目15~360.0015~0.0036%トップトレーディング 自主回収中
[日本] フライドチキン1.60.00016%流通なし *4
[日本] 乾燥全卵2.8~4.60.00028~0.00046%三井物産
[日本] パン0.056~0.0920.0000056~0.0000092%白石食品工業 上の乾燥全卵を2%使用の場合
[日本] たこ焼き0.6~1.00.00006~0.0001%流通なし *4
[日本] ピザ生地4.3 0.00043%サイゼリヤ 全量消費済

*1 Transcript of FDA Press Conference on the Pet Food Recall April 5, 2007 より「between 5% and 10% of the product that was sold as wheat gluten was in effect melamine」。
*2 同「the amount of wheat gluten actually used in the manufacture of pet food is relatively small - 5% or less」
*3 メラミンの概要について 内閣府食品安全委員会 9/19・9/26
*4 中国における牛乳へのメラミン混入事案への対応について(第11報) 厚生労働省


計算ミスを見つけたら、教えてくださいね




猫に優しいミニ情報【西志津】譲渡会 毎月第三日曜日




メラミンの最新データと許容摂取量 「犬・ネコの健康(1936)」

2008.10.18 [edit]
乾燥全卵からメラミンが出たというので、久々に政府系サイトに行ってみたら、食品安全委員会から新しい情報が出ていました。

「メラミン等による健康影響について」(10月9日)(10月16日更新)[PDF]

初版は 9日にアップされてたんですね。
毎日ストーカーしていたペットフードのときと違って、気が向いたときしか調べないので、気づくの遅れてゴメンナサイです。

これで、今月 1日の記事 に書いたことが、大きく変わってきました。
昨年のペットフード禍の後で判明したことなど、最新のデータが盛り込まれています。
(ほとんど FDA が 10/3 に発表した内容だけど)

前回はバッサリ斬らせてもらいましたが、今度のはぜひ、皆さんに目を通していただきたい内容です!


以下、「猫と財布」的コメント少々。


III.安全性に係る知見の概要
  >1.毒性等に関する科学的知見
    >(3)メラミン及びシアヌル酸等の複合影響



2007年にああいうことがあった以上、「メラミン+シアヌル酸」の動物実験が行われることは避けられないとは思っていました。
実際、動物実験で「複合影響」が確認できたことが、10/3 の FDA の発表につながっています。

のところを引用します。
ネコを用いた毒性試験として、雌ネコに、メラミン(91、181mg/kg体重)を11日間、シアヌル酸(49→122→243mg/kg体重と経日的に用量を増加)を10日間それぞれ単独投与するとともに、別に両者の混合物(各32、91、181 mg/kg体重)を2日間混餌投与した。その結果、メラミンあるいはシアヌル酸を単独投与した場合には、いずれも腎機能への影響は観察されなかったが、混合物を投与した場合には、尿検査で結晶が観察された。この際の腎臓中のメラミン濃度は496~734mg/kg(湿重量)、シアヌル酸濃度は496~690mg/kg(湿重量)と推定された。これらのことから、メラミンとシアヌル酸が同時に存在することによりネコの急性腎障害が誘発される可能性が示唆された(2007年Puschner et al19))。

太字にした意味、わかりますか?
この実験、 さんたちを殺さずに行っています。
尿検査と、あとは血液検査ぐらいでしょうか。

ネコ以外では さんと さんと さんで 400mg/kg もの量で実験が行われ、腎組織の様子とか書いてあるので皆さん解剖されたのだと思いますが(涙)。
ネコに関しては、汚染フードのときの解剖記録があるから、そこまで必要ないということでしょうか。
投与量も少なめです。

研究者だったらホントは、汚染フードの症状を再現して、その解剖結果が一致するってとこまで見届けたいだろうに……
最低限のことを確かめただけで、実験オワリ。
どうもありがとう。ちょっとカンドーしています。




III.安全性に係る知見の概要
  >2.国際機関等の評価
    >(1)米国食品医薬品庁(FDA)「メラミン及びその類似化合物の暫定リスク…


ズバリ、 です。
メラミン及びその類似化合物の暫定リスク/安全性評価」(FDA 2008.10.3 英語)

注目したいのは、「メラミンとシアヌル酸の複合影響」を想定した参考値が新たに規定されたこと。
メラミン単独の場合の 10分の1、つまり 0.063 mg/kg-bw/d です。

この数字はこれから何かと引き合いに出されるはずなので、覚えておきましょう。
タマゴの件で、ニュースがまたドドドと出ると思いますが……
耐容1日摂取量としてメラミン単独の TDI(0.63)だけが出てきたら、それは勉強不足の記事ですよ~~

それにしてもあの記事を書いた直後に……もしかしてこのブログ読みましたかぁ?> FDA



V.まとめ

現時点では、中国産の乳幼児用調製粉乳から、シアヌル酸が検出されたとの報告はない

調べていないのか? もともと入っていないのか?

実は、前の記事
「乳児に腎臓結石が出ている以上、牛乳に入れられたメラミンもジャンクメラミンに間違いないのに」
と書きましたけど。。。

“もともと入っていない”可能性も、無くは無いと思っています。

  • メラミンとシアヌル酸の結晶化には、pHが大きく関係するらしい
  • メラミンとシアヌル酸を猫の尿に入れると、結晶ができる
  • 牛乳と尿は pH がほぼ同じ
これらを総合すると、ジャンクメラミンを牛乳にぶちこんだ場合、メラミンに混ざっていたシアヌル酸は手近なメラミンを捕まえてさっさと沈殿しちゃうのかもしれないです。
その場合、最終製品からシアヌル酸が検出されなくても、不思議ではありません。
(あくまでも素人の仮説ですので、そこんとこよろ~~~)

まぁ、粉ミルクの場合、メラミン単独としても十分に有害な量が混入していました。
それと、結石の成分について、「尿酸」って書かれた記事があるんですよね。
まぁその記事自体、どこまで確かかわかりませんが、
  • 動物実験ではメラミンの単独投与で尿酸を含む膀胱結石が確認されている
ってこともあり、ちょっと気になります。


猫に優しいミニ情報10/18-19【大阪】感謝祭




メラミンの許容摂取量に関する誤りを指摘する

2008.10.17 [edit]
10/17追記:この記事の内容については、さらに新しい情報があります。
こちらもお読みください→メラミンの最新データと許容摂取量


昔のデータでメラミンの許容摂取量を語っても、意味がありません。


中国で混入したメラミンそれ自体が、メラミン以外のモノが数%混ざったいわば"汚染メラミン"だったため、それまでの実験とは異なる振舞いをして腎臓を詰まらせた。
それがわかったのは、昨年4月です。

1983年~2000年動物実験による安全性評価既存化学物質安全性(ハザード)評価シート
メラミンの毒性はきわめて低い
2007年2月北米で急性腎不全が大量発生。
腎臓に謎の結晶。
ペットフードに何が?
2007年3月30日原材料からメラミン検出無害のはずのメラミンでなぜ?
2007年4月19日原材料からシアヌール酸も検出質の悪いメラミンが混入されていた
2007年4月27日結晶の実験室合成に成功メラミン+シアヌール酸で腎臓が詰まると判明


今日、こんな新聞記事がありました。

メラミン・汚染米問題:混入疑いの食品、保養所などに8600食分--品川区 10/1 毎日新聞 
区では、いずれの食品も1人が1食程度摂取しただけで、内閣府食品安全委員会が示す許容量を大幅に下回っているため、健康に影響は与えないと判断している。

パン 1個ぐらいなら平気ってのは同感ですが。
「内閣府食品安全委員会が示す許容量」と書いてあるので、食品安全委員会HP に行ってみました。

メラミンについて(2008.09.26更新)[PDF] 9/26 食品安全委員会(内閣府)
米国食品医薬品庁(FDA)のメラミン及び関連化合物の暫定リスク/安全性評価(2007年5月)
   TDI(耐容一日摂取量):0.63 mg/kg 体重/日(メラミンとして)
   NOAEL (無毒性量)の最小値:63 mg/kg 体重/日(ラットの13週間給餌試験における膀胱結石)

欧州食品安全機関(EFSA)「中国における乳幼児用調製粉乳及び他の乳製品中のメラミンによる公衆衛生リスクに関する声明」(2008年9月)
   耐容一日摂取量(TDI):0.5 mg/kg 体重/日


今度は FDA と EFSA が出てきましたよ。
まず、FDA に行ってみましょう。

Interim Melamine and Analogues Safety/Risk Assessment 2007.5.25 FDA
The most recent reported no-observed-adverse-effect-levels (NOAELs) are 63 mg/kg bw/day (13 weeks, oral with feed, in rats); 240 mg/kg bw/day (28 days, oral with feed, in rats); 417 mg/kg bw/day (14 days, oral with feed, in rats); and 1600 mg/kg bw/day (13 weeks, oral with feed, in mice).2

太字の部分を訳すと、食品安全委員会の文書の「NOAEL(無毒性量)の最小値~」になります。
最後に「2」と脚注があるので、そこも見てみます。

References
2.OECD SIDS Analysis UNEP Publications: Melamine, June, 2002

なんと 2002年の出版物のデータでした。

さらにバラしちゃいます。
ラットに13週間食べさせて膀胱結石。63 mg/kg。
これ、最初の表で紹介した「既存化学物質安全性(ハザード)評価シート」に載ってます。

既存化学物質安全性(ハザード)評価シート メラミン 化学物質ハザードデータ集
ラットに0.075、0.15、0.3、0.6、1.2%(63-1,000 mg/kg)の濃度で 13週間 混餌投与した実験で、0.075%以上で膀胱結石、膀胱粘膜上皮過形成、腎臓の近位尿細管のカルシウム沈着、0.6%以上で体重増加抑制がみられている10, 15)

「10,15)」と脚注があるので、そこも見てみると。

10) IUCLID(International Uniform Chemical Information Data Base) Data Sheet, EU(1995).
15) BUA Report, 105(1992).

1992年と1995年のデータです。

「実験で使うようなちゃんと精製されたメラミンはほとんど無害だけど、中国のワルモノが入れるようなジャンクメラミンだと、腎臓でメラミンとシアヌール酸が反応しちゃう」ってことが昨年4月に明らかになったのに。
乳児に腎臓結石が出ている以上、牛乳に入れられたメラミンもジャンクメラミンに間違いないのに。

大昔に「ちゃんと精製したメラミン」で出した数字で「体重1キロあたり1日0.63mg までなら大丈夫♪」って、そりゃないでしょう>内閣府


EFSAのほうも見てみましょう。

Statement of EFSA on risks for public health due to the presences of
melamine in infant milk and other milk products in China
2008.9.24 欧州食品安全機関(EFSA)

It is referred to EFSA's provisional statement of 7 June 2007 related to melamine and structurally related compounds such as cyanuric acid in protein-rich ingredients used for feed and food (Question N° EFSA-Q-2007-093).

シアヌール酸(cyanuric acid)で検索してヒットした部分です。
「2007年のときは~」と振り返ってるだけですね。
ジャンクメラミンを想定した新たな基準値を設定したわけでは無さそうです。



長々書きましたが、そういうわけで、内閣府や厚生労働省に書いてある
「体重60kgの人が1日当たり許容できるメラミンの摂取量は0.63×60=37.8mg」
という数字は、今回の牛乳汚染に対しては全く信頼できません。

問題を正確に把握してほしいものです。



<関連記事>
  • メラミン汚染から「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」への軌跡

    猫に優しいミニ情報【掛川】野良猫不妊手術費一部助成金




  • あの当時にこんな情報が! 「犬・ネコの健康(1936)」

    2008.10.06 [edit]
    ついさっき見つけたのですが。

    メラミン添加によるペットフード原材料の擬装
    愛知県衛生研究所 衛生化学部医薬食品研究室 2007年6月7日

    こんな素晴らしいページがあったのに、リアルタイムで気づかなくてごめんなさい。

    「この事件については、わが国ではそれほど報道されませんでしたが、食品の安全・安心の観点から情報提供します」

    冒頭のこの文だけでも、ウルッときちゃいますよ。


    昨年の6月7日といえば。。。
    輸入時の検査やペットフード業界の通達などは始まっていましたが、一般向けの情報提供は皆無だった頃です。
    リコール対象製品がホームセンターで売られてた!ってニュースが日本中を駆け巡ったのは、それからわずか 5日後(6月12日)のことでした。
    当時の記録


    内容ですが、過去に目にした行政やメーカーHPの文章、報道の内容などは、「そこは違うだろ!」とツッコミたくなる部分が多かれ少なかれあるものでしたが。。。
    この愛知県衛生研究所さんのページに関してはツッコミの余地がありません。
    カンペキです!

    なにしろ、FDA(米国食品医薬品庁)、AVMA(米国獣医師会)、厚生労働省輸入食品監視業務HPの 監視指導違反事例 など、私が毎日巡回していたのと同じところがソースなので、まるで自分のブログの要約を読んでいるような気になっちゃいます。

    たとえば、チラッと出てくる「昭和44年のアンメリン事件」。
    このブログでは、パパさんが 4月18日 に書いてます。
    ホントに同じこと調べてたんですね~~~
    (それでアチラはお給料もらえるってのが羨ましい)



    現在は、愛知県衛生研究所 のトップページから、「食品原材料等へのメラミンの混入事例について(過去の事例)」というフレーズでリンクされています。

    愛知以外の地方衛生研究所で、トップページに「メラミン」が載っているところを探してみましたが、東京都健康安全研究センター しか見つかりませんでした。(しかも内容が……)

    愛知県、エライ!!


    猫に優しいミニ情報10/13【小牧】譲渡会




    総集編をまとめました 「犬・ネコの健康(1936)」

    2008.09.22 [edit]

    汚染牛乳の影響でしょうか。

    新しい記事も書いてないのに、日に日に増えるアクセス数。
    今日は初の 4ケタになりそうです。




    実はこの 3日間、超大作に取り組んでいました。
    30万字近くある過去ログの集大成です。


    メラミン汚染から「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」への軌跡

    掃除も洗濯も食器洗いもサボって、やっと完成!
    よかったら“ナナメ読み”してください。


    さすがに手・腕・肩・首・目・頭が限界デス。。。
    予告しっぱなしの記事やお返事など、ちょっと待っててくださいね。
    (って書いてる間に 4ケタの大台突破! アゼン。。。。)

    猫に優しいミニ情報【千葉県】不妊・去勢手術費用の一部助成 9/26消印有効




    最新記事
    こんなネタで書いてます

    メラミン汚染
    パパ トイレ モニプラ ベジタリアン 商品レビュー 肉球タワシ 支援物資 後方支援 猫カフェ 日産 猫バンバン にゃんにゃんにゃんもっく 人喰猫 猛猫 著作権 web管理 無断転載 無断リンク 文化庁 引用 転載 リンク フリマ 危機管理 かぎシッポ ハンモック ペットシーツ 防災 地震 レジカゴバッグ ゴジラ 割り箸 おもちゃ 猫じゃらし 掃除 ペットディフェンス 網戸 湘南ねこの会 銀のスプーン フード 使用済み切手 JAWS リサイクル 非常袋 問題 妖猫 猫又 白髪 慢性肝炎 血液検査 通院 モグラ アイムス ケージ 100均 セリア 麻酔 TNR ケタミン 避妊手術 入院 メラミン 足跡 マステ 竹シーツ キャットハウス メルアド便 洗濯 洗剤 おひざねこ 毛布 タオルケット ラグ 布団カバー シーツ 古本 雑誌 買取 古着 寄付 詐欺 警察 セキュリティ スリング 首痛 肩痛 腰痛 ジョジョ立ち 朝食 布団 猫とPC タオル フリース 化猫 すのこ ベッド マシュマロベッド 首輪 これはなんでしょう キャリー 身柄確保 収納 便利グッズ バスルーム 猫顔ポスター ダイソー 補修 カーテン 編物 編み図 エクセル ワードアート にゃんこはうす 採尿 膀胱炎 四万十の水 ミネラルウォーター 古タオル カイロ ニンゲンの手 葉書 テレカ エコ レシピ 家事 ハンドメイド エアコンマット 事件簿 グリセリン 石鹸 オリンピック 結露 プラダン チイ ドアレバー ソルビエント 怪猫 ご近所対策 招き猫 アニメ 猫顔バナー 楽天ブログ ガーデニング 朝顔 アマゾン 衣類 ユニクロ 50肩 節約 おやつ エアコンマットそよ メール クロネコヤマト メール便 スピーカー 図書カ 脱走防止 amazon 推定誕生日 プロメテウスの罠 ビール券 おこめ券 無印 東日本大震災 コジマ 犬猫救済の輪 毛糸 ススワタリ 猫草 セシール ことさが 楽天 新黒丸 底値 黒丸 募集 クロネコ イカ 暖パン 着る毛布 期間限定ポイント テーブルクロス 数学 ツイッター エコ掃除 ナチュラルクリーニング 換気扇 大掃除 キッチン ブランケット お歳暮 もち吉 投薬 アフィリ バネ指 ネフガード 箪笥にニャン 切手でボランティア 排水口ネット ばね指 怪我 屋根裏 おぱんつ コピー用紙 マスキングテープ ヒトの健康 フィッシング 人間ベッド 蝙蝠 タッパー オーブントースター 猫耳 こうして原発被害は広がった 菅直人 枝野幸男 国会 ギフト 財布 フェイクレザー 器物破損 キッカー クーnyan動画館 初島 楢山節考 ひにゃたぼっこ 留守番 吐く ブログパーツ サイドバー 日本沈没 デマ キャットウォーク SH-11C ファッション 毛皮反対 フロンテ 猫語入力 黒猫 ピュリナワン 収入印紙 フープロ テスコム 米ぬか 粉石鹸 ボーソー油脂 マッサージクッション おやすみパンツ カムイ伝 曽野綾子 マウスパッド マウス ベランダ サローネ ヘアカット キドニーケア 床上浸水 台風 扇風機 ゲーム ネットでマングローブ アザラシ クジラ 化学 分子栄養学 三石巌 まとめ 福島 迷子 被災地 ポスター 高邑勉 議員 もんだい 玉木雄一郎 バックナンバー たかいたかい 福袋 新聞紙 黒猫ヤマト ゆうパック 巾着 重曹 膝痛 テーブル 爪とぎ 東京都 助成 行政 ストルバイト ネタバレ 芸猫 首長竜 猫爪 TCG エリカラ 署名 動物愛護法 猫毛 エチケットブラシ 掃除機 ミラクリーナー 体調管理 通風 ドア マタタビ メラミン汚染 年賀状 切手 羽毛布団 エコバッグ サバイバルサック Web管理 石けん 2007ペットフードリコール コロイダルシルバー ニオイ対策 草木染め ミョウバン 猫ベッド 肉球タワシができるまで 冷凍保存 新聞紙トイレ 佐藤健太郎 ホルムアルデヒド ヘナ 芋虫 暖房 異物誤飲 植物 ユリ 洗濯ネット 猫舌 キジバト エアコン 郵便 送料 石けん百科 汗対策 塩分摂取 動物実験 虫さされ 天上の青 小説 ノー絹 乳歯 押し入れ 目隠し アクリルたわし 食欲不振 食餌管理 ゼラニウム 消臭 クライミング キャットミント マツムシ 防寒 虫よけ 井上陽水 猫柄 ペットボトル 湯たんぽ 粉石けん 飲水量 室内飼い サル 発情

    懐かしのバックニャンバー
    02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
    プロフィール

    リンクフリー

    きらら
    く~にゃん(専属モデル)
    パパ(ときどき登場)

    拍手、ツイート、アフィリリンクからのお買物などしていただけると喜ぶかも♪

    きらら宛にメール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    関連リンク
    猫に優しいイベント
    記事に書いたモノ
    (リンク先は楽天市場です)
    最近チェックしたモノ
    Amazon.co.jpアソシエイト
    ブログパーツ