補足

2016.12.19 [edit]
昨日の記事でドキッとされた方が複数いらっしゃるみたいなので、捕捉しておきますね。

「使用済み切手関連」というのは、かつての「使用済み切手でボランティア」のサイトから長文まるごとコピペされた件。
私の文章を利用して切手を集めたとしても、それがJAWSさんに送られるなら最終的には同じことなので、放置しようかとも思いました・・・・・・が。
読み進めていくと、私自身の行動を綴った部分までコピペされていて、さすがにコレは無いな、と。
しかるべき対応をさせていただきました。
http://nekotosaifu.blog.fc2.com/blog-entry-229.html


「震災関連」は、311直後のこと。
記事の文章まるごとパクったブロガーさんもいらっしゃったし。
http://nekotosaifu.blog.fc2.com/blog-entry-2515.html
毎日更新していた情報を、ごっそりお持ち帰りになるブロガーさんもいらっしゃいました。
http://nekotosaifu.blog.fc2.com/blog-entry-2518.html
このブログからのコピペだけで作られたサイト、なんてのもありました。
(これもどこかで愚痴った記憶があるけど、どこだったかな)

被災動物についてググると、そういうパクリやコピペも検索結果に出てきますから、全部バレてましたよ~
危急のときで「私が」なんて言ってる場合じゃなかったけど。
データベースについては著作物じゃないけど。
1行の情報、1行のリンクでも、ネットの海から探し出してくるのにはけっこう労力かかっているので、せめて「猫と財布に載ってたよ」と一言添えていただきたかったですね。
(それにしても、毎日「猫と財布」をチェックしてたら私がググり魔だってわかりそうなもんなのに、バレると思わないのかな~??)


「たわし~ず関連」は、かつて某団体さんの求めで編み図をお送りしたときのこと。
メールのやり取りでちょっと違和感を感じ、「再配布はしないでください」としっかり書いておきました。
が、その「再配布はしないでください」の文字が読めるほど鮮明で大きな写真が、先方のブログに!!
即、抗議して、画像は削除。編み図等一式もお返しいただきました。
しっかりした活動をされていた団体さんだけに、この件は残念でした。


「無断リンク」については、過去に「無断リンクのススメ」という記事を書いてますので、おヒマな方はお読みください。
http://nekotosaifu.blog.fc2.com/blog-entry-2132.html
無断転載は、見つけちゃうとちょっとモヤモヤするけど。
無断リンクはまったく逆です。めっちゃ嬉しいです!
全く交流のないサイトだったりすると、ギリでもオツキアイでもなく純粋に"評価された感"があってさらに嬉しい!
無断リンク大歓迎です。事後連絡も要りません♪

c160314a.jpg
「こういう記事がつづくとねむくなるですね」
 



スポンサーサイト


無断転載・・・・・・

2016.12.18 [edit]
何回か、されたことがあります。無断転載。

最初のころは、使用済み切手関連。
2011年は、震災関連。
画像は、肉球たわし~ず関連。

無断転載といっても、こういうブログですから、転載先もそういうブログで、いわば志を同じくする方なんです。
これ、けっこう悩みます。

動物たちの幸せにつながればいいんだから、著作権を振りかざすこともないんですが。
自分の権利というより、相手に対する幻滅でストレス感じます。

気にいったものをまるごと取りこみたい!と思うことは私もありますけど。
自分のブログで紹介するときは、自分の言葉で語るか、せめて“グレーゾーン”に持ちこむぐらいの工夫をしましょうね。


当ブログの画像、先日からサイズを少し大きくしています。
画質も少し良くなった(当社比)ので、“無断転載”増えるかな・・・増えたらヤダな・・・・・・


c160122b.jpg
「無断リンクはすっごくウレシイらしいですよ」






引用・転載・リンクについて

2016.12.17 [edit]
■ 日本の法律では、このように決まっています。

■ 他人のブログの文章・画像等を、許可なくご自分のブログに取りこむ方法は、著作権法第32条にもとづく「正当な引用」しかありません。
 必然性・区別・主従関係・元記事へのリンク(またはURL明示)が必要です。
 これを満たさないと、著作権侵害になります。

■ 著作権は英語で copyright、つまりコピーする権利ですので、すべての複製行為が該当します。
 「転載」を「転用」「転写」「転記」「抜粋」などと言い換えても、ダメ。

■ リンクはオッケー。
一定の目的で関係するホ-ムペ-ジを開けるようにリンク集を作りましたが、
著作権の問題がありますか。(文化庁 著作権Q&A)
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/naruhodo/answer.asp?Q_ID=0000393


以上、「猫と財布」に限らず、日本国の法律が適用されるすべてのブログ・HPに共通のルール(のはず)です。
愛護法にこだわる一方で著作権法はテキトーに流すんじゃ、その逆も認めなければならないので。
少なくとも「動物愛護」を語るサイトでは、テキトーに流さないでいただきたいと思う次第です。



さてここからは、「猫と財布」のローカルな話。

東日本大震災でバタバタしていたときに、当ブログのローカルルールを決めました。
テキスト140文字以内なら、自由にお持ち帰りください。

140文字、つまりツイッターで流せる程度です。
数えるのが大変だったら、4行以内と考えてください。
140文字または 4行以内なら、転載フリーです。
(ただし元記事へのリンクが必要です)

「正当な引用」をバッチリ理解されている方は、必要なだけ何行でもどうぞ。
(正当な引用であれば、著作権者に拒否権はないです)


うるさいヤツだとお思いでしょうが。
不正な引用・無断転載が、予期せぬ騒動をもたらした例を知っていますので。

ご理解いただけると嬉しいで~す♪
よろしくお願いします。


2011年の記事 をリライトしました)


c150428c.jpg
「これって 5年まえに書いたヤツ のパクリですね」






引用・転載・リンクについて

2011.04.27 [edit]
■ 日本の法律では、このように決まっています。
著作物が自由に使える場合(文化庁)
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/gaiyou/chosakubutsu_jiyu.html

■ 他人のブログの文章等を、許可なくご自分のブログに取りこむ方法は、著作権法第32条にもとづく「正当な引用」しかありません。
 必然性・区別・主従関係・元記事へのリンク(またはURL明示)が必要です。
 これを満たさないと、著作権侵害になります。

■ 著作権は英語で copyright、つまりコピーする権利ですので、すべての複製行為が該当します。
 「転載」を「転用」「転写」「転記」「抜粋」などと言い換えても、ダメ。

■ リンクはオッケー。
一定の目的で関係するホ-ムペ-ジを開けるようにリンク集を作りましたが、
著作権の問題がありますか。(文化庁 著作権Q&A)
http://chosakuken.bunka.go.jp/naruhodo/answer.asp?Q_ID=0000393


以上、「猫と財布」に限らず、日本国の法律が適用されるすべてのブログ・HPに共通のルール(のはず)です。
愛護法にこだわる一方で著作権法はテキトーに流すんじゃ、その逆も認めなければならないので。
少なくとも「動物愛護法」を語るサイトでは、テキトーに流さないでいただきたいと思う次第です。


さてここからは、「猫と財布」のローカルな話。
福島問題が緊迫する中、著作権法の勉強をする時間がない場合もあるし。
海外からのアクセスも増えているし。

「猫と財布」独自のローカルルールを作ることにします。
140文字以内なら、自由にお持ち帰りください。

140文字、つまりツイッターで流せる程度です。
数えるのが大変だったら、4行以内と考えてください。
140文字または 4行以内なら、転載フリーにします。
(元記事へのリンクを、必ず添えてくださいね)

「正当な引用」をバッチリ理解されている方は、必要なだけ何行でもどうぞ。
(正当な引用であれば、著作権者に拒否権はないです)


うるさいヤツだとお思いでしょうが。
不正な引用・無断転載が、あの北京の騒動をもたらしたと考えてますので。
(オリンピックのために猫が~って大騒ぎになったアレですよ)
ご理解いただけると嬉しいで~す♪
よろしくお願いします。





著作権関連資料

2011.04.07 [edit]
記事にまとめる時間がないので、覚え書きだけ。

無断リンクのススメ

2010.04.23 [edit]
本日のお題は「無断リンク」。

今まで数回あったこと。
この「猫と財布」から引用してくれてるんだけど、リンク張ってくれてない。
理由は、
「勝手にリンクしちゃいけないと思ったから」

そういうときは、
「猫と財布はリンクフリーですので、遠慮なくリンクってやってください」
とやんわり申しあげてますけど。
でも、ホントは、そういう問題じゃないんですよ。

そこで遠慮すると「著作権侵害」になっちゃいます。
本末転倒でしょ。

★-------------------------★

ニンゲンの手」や「猫に優しいイベント」で巡回してると、時々 「無断リンク禁止看板」 を目にします。

ズバリ
  無断リンク禁止
ってのから
  リンクしてくださる場合はご一報ください
ってソフトタイプまで、表現はさまざま。

でもねぇ。
法律上、引用においては著作権者の許諾は不要ですが出所の明示は必要なので。
著作権法とバッティングするんじゃないですか?
……などと追及してみたくなったり。

または。
ソーシャルブックマークに登録するのもダメなんですか?
コメント欄にURLを書いたら自動的にリンクされちゃう場合はどうですか?
……などと突っつきたくなったり。

あるいは。
リンクせずにURLだけ記すのは、「リンク」じゃないからOKですよね?
リンクタグの有無がどうしてそんなに重要なんですか?
……などとツッコミたくなったり。

さらには。
URLを個人情報と混同していませんか?
自動公衆送信を行っているという自覚がありますか?
……などとツルシアゲてみたくなったり。

私、性格がワルイから。

★-------------------------★

「ニンゲンの手」でも最初の頃は、一応メールで了解を頂いてました。
でもね、「ニンゲンの手」が大きくなるにつれて、負担になってきて。

それで、ズバリ書いてあるところは、そこだけリンクタグを外したり。
さりげなくほのめかしてるところは、見逃したフリをしたりしてました……けど。

ヘンだと思うんですよ。
だって、ググれば出てくるんですよ。
無断リンクするなと書きながらロボット対策もしてないケースがほとんどなんですよね。
ちょこっと検索すれば見つかるサイトに、検索の手間をはぶくためのリンクを設定するのが、なぜ不都合なんでしょう?

それに、禁じているのは「リンク」なので
(1) 猫と財布に優しい生活
(2) http://plaza.rakuten.co.jp/tappo/
こういうのはダメだけど

(3) http://plaza.rakuten.co.jp/tappo/
これならいい!ということになってしまいます。

どれほどの根拠があっての「無断リンク禁止」なんだろか?

★-------------------------★

たぶん「無断リンク禁止」サイトの方からみると、「リンクタグつけなきゃリンクじゃないじゃん」ってのは屁理屈で、(1)(2)(3)全部お断り!が趣意なんでしょうけど。

でも、適正な引用については著作権者の許諾は不要だと法律で認められていますので。
その際、出所の明示が義務づけられていますので。
最低でも(3)は絶対アリ!なんですね。

するとやっぱり(1)(2)が不可で(3)は可ってことになって、すご~~く奇妙じゃないですか。

これに気づいてからというもの……
「無断リンク禁止」という文言が「著作権法勉強不足」という文字に見えてしょうがない。


まぁ、法律なんて、専門家でなけりゃよくわかんないのがアタリマエで。
私だって正確に理解してるわけじゃないし。
いちいち目クジラたてることもありませんよ。

でもね。
愛護法にこだわる一方で著作権法はテキトーに流すんじゃ、その逆も認めなければならないので。
少なくとも「動物愛護法」を語るサイトでは、テキトーに流さないでいただきたいと思う次第です。

★-------------------------★

「猫と財布に優しい生活」では引用やリンクを多用していますが、99% が無断引用・無断リンクです。

理由その1。メンドクサイ。

いちいちお伺いを立てて回答を待って、その回答によっては記事を書き直して……なんてやっていたら、効率が悪くて。

理由その2。予定は未定。

書いているうちに予定外の方向にそれたり、もっと良い資料を見つけることもあります。
「ぜひ引用させてください!」
「どうぞどうぞ♪」
「すいません、引用もリンクもしないことにしました。忘れてください、ペコリ」
なんてことになると、かえって失礼なので。

理由その3。表現の自由。

相手が気に入る内容、つまり“検閲”をパスするような内容しか書けないとしたら、それは健全な社会とはいえないでしょう。
引用は“無断”がアタリマエであってこそ、健全な文化が発展します。
(で、出所の明示が必要だから当然“無断リンク”になる)

割合としては、その1「メンドクサイ」が大半。
でもまぁ、泣く子も黙る文化庁HP のこの部分を読んでみると、あながち自分勝手な理由でもないみたいというか、我が意を得たり!って気がします。

 これは,著作物等を利用するときは,いかなる場合であっても,著作物等を利用しようとするたびごとに,著作権者等の許諾を受け,必要であれば使用料を支払わなければならないとすると,文化的所産である著作物等の公正で円滑な利用が妨げられ,かえって文化の発展に寄与することを目的とする著作権制度の趣旨に反することにもなりかねないためです。
文化庁「著作物が自由に使える場合」http://www.bunka.go.jp/chosakuken/gaiyou/chosakubutsu_jiyu.html

「無断引用禁止」とか「無断リンク禁止」って看板が立ってると、実はドキドキしちゃうんですよ。
「禁止って書いてあるのが見えねぇのか、コンニャロっ!」
って噛みつかれたらヤダな~~~みたいな。
生来、気が弱いもんで。


多くの場合、「無断転載禁止」と同じ感覚で「無断リンク禁止」と記しているんだと思いますが。
それって「適切なエサやり」も「不適切なエサやり」も一緒くたにして「エサやり禁止!」って言ってる石頭オヤジとそっくり。
特に、それが“ドウブツアイゴ団体”の公式サイトだったりすると、なんだかその団体のレベルや信頼度まで推測できちゃうような気が。。。

逆に、その部分が適切な表現で記載されていると、しっかりした団体だなぁ~~って思います。


適正な引用については、著作権者の許諾は不要であると、法律で認められています。
Webからの引用であれば、出所として URL を明示する必要があります。
もし皆さんのサイトに「無断引用禁止看板」「無断リンク禁止看板」が設置されていましたら、ご一考いただけると嬉しいです。

★-------------------------★

【参考資料】





「無断引用禁止」は「エサやり禁止」っぽい 「サイト運営あれこれ話(1926)」

2009.11.16 [edit]

「エサやり禁止看板」はもう古い。
今は「エサやり啓発看板」の時代

でもでも、まだまだ多い「エサやり禁止看板」。
見るたびにイヤ~~~な気持ちになります。
環境省さん、ポスターに続いて、次は公園用の啓発看板も作ってくださいっ!!




さてさて。
ニンゲンの手」や「猫に優しいイベント」で巡回してると、時々「無断引用禁止看板」ってのがあります。

  • 一切の無断転載・無断引用を禁じます
  • 無断引用・無断転載はお断り致します
  • 許可なく転載・引用することを堅くお断りします
  • 無断引用することを禁止します
  • 無断で使用・転載する事をお断りいたします
  • 引用・転用禁止

などなど。

え? こういうのは「看板」とは呼ばないって?
そうですね。
でも、なんちゅーか、「エサやり禁止」と共通のモノを感じちゃって。
そうじゃないだろ、わかってないな、もっと勉強してくれ~~~、みたいな。

だって、「無断引用」って、法律で認められていることですよ。
泣く子も黙る文化庁HP に、ちゃんと書いてあります。

この文化庁のページから、「引用」に関係あるところだけ抽出すると。

 著作権法では,一定の「例外的」な場合に著作権等を制限して,著作権者等に許諾を得ることなく利用できることを定めています(第30条~第47条の3)。
 これは,著作物等を利用するときは,いかなる場合であっても,著作物等を利用しようとするたびごとに,著作権者等の許諾を受け,必要であれば使用料を支払わなければならないとすると,文化的所産である著作物等の公正で円滑な利用が妨げられ,かえって文化の発展に寄与することを目的とする著作権制度の趣旨に反することにもなりかねないためです。

引用
(第32条)  (1)公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。(注5)

(注5)引用における注意事項
 他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。
(1) 他人の著作物を引用する必然性があること。
(2) かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3) 自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4) 出所の明示がなされていること。(第48条)
(参照:最判昭和55年3月28日 「パロディー事件」)

というわけです!
……って、コレ読んだだけでスッと分かっちゃうヒトはあまりいませんよね。

逆順で眺めると、わかりやすい。
[引用における注意事項] を守ったうえでの[引用] なら、[著作権者に許諾を得ることなく利用できる]

しかも、[著作権等を制限] と書いてありますから、適正な引用に関しては著作権者の権利は及ばない・・・・・・
「無断引用禁止」などと書いても、そもそも禁止する権利が無いんですね。




「猫と財布に優しい生活」では引用やリンクを多用していますが、99% が無断引用・無断リンクです。

理由その1。メンドクサイ。

いちいちお伺いを立てて回答を待って、その回答によっては記事を書き直して……なんてやっていたら、効率が悪くて。

理由その2。予定は未定。

書いているうちに予定外の方向にそれたり、もっと良い資料を見つけることもあります。
「ぜひ引用させてください!」
「どうぞどうぞ♪」
「すいません、引用もリンクもしないことにしました。忘れてください、ペコリ」
なんてことになると、かえって失礼なので。

理由その3。表現の自由。

相手が気に入る内容、つまり“検閲”をパスするような内容しか書けないとしたら、それは健全な社会とはいえないでしょう。
引用は“無断”がアタリマエであってこそ、健全な文化が発展します。
(で、出所の明示が必要だから当然“無断リンク”になる)

割合としては、その1「メンドクサイ」が大半。
でもまぁ、さきほどの文化庁ページのこの部分を読んでみると、あながち自分勝手な理由でもないみたいというか、我が意を得たり!って気がします。

 これは,著作物等を利用するときは,いかなる場合であっても,著作物等を利用しようとするたびごとに,著作権者等の許諾を受け,必要であれば使用料を支払わなければならないとすると,文化的所産である著作物等の公正で円滑な利用が妨げられ,かえって文化の発展に寄与することを目的とする著作権制度の趣旨に反することにもなりかねないためです。

「無断引用禁止」とか「無断リンク禁止」って看板が立ってると、実はドキドキしちゃうんですよ。
「禁止って書いてあるのが見えねぇのか、コンニャロっ!」
って噛みつかれたらヤダな~~~みたいな。
生来、気が弱いもんで。


多くの場合、「転載」と「引用」の区別がつかないというか、混同してるんだと思いますが。
それって「適切なエサやり」も「不適切なエサやり」も一緒くたにして「エサやり禁止!」って言ってる石頭オヤジとそっくり。
特に、それが“ドウブツアイゴ団体”の公式サイトだったりすると、なんだかその団体のレベルや信頼度まで推測できちゃうような気が。。。

逆に、その部分が適切な表現で記載されていると、しっかりした団体だなぁ~~って思います。


適正な引用については、著作権者の許諾は不要であると、法律で認められています。
もし皆さんのサイトに「引用禁止看板」が設置されていましたら、ご一考いただけると嬉しいです。


猫に優しいミニ情報【宇都宮市】飼い犬・飼い猫の不妊・去勢手術に補助




無断転載・・・・・・

2006.04.08 [edit]
一昨年の話ですが、されたことがあります。無断転載。

ビックリしましたよ~~!!
「使用済み切手ボランティア」とあったので「あ、リンク貼ってくれたんだぁ♪」とクリックしてみたら、全然知らない人のサイトで、でも私の書いた文章がそっくり使われているんだもの!
誤字までコピペしてくれてる(笑)

まぁ、動物たちの幸せにつながればいいんだから、著作権を振りかざすこともないか。
最初はそうも考えたけど、こんな文章までコピペされていたんですよ。

「匿名で」というメモが同封されていたのに気づかず、にゃんこ掲示板でお名前を発表してしまったことがあります。
これは見過ごせないので、すぐに先方にメールしました。
相手は学生のようだし、悪意はなさそうなので、友好的にやんわりと指摘したんですよ。
著作権の問題だけではなく、にゃんこ掲示板に迷惑をかける可能性もありますので・・・と。
そうしたら、こんな返事。

来月サイトを閉鎖するので、それまで待ってください。
にゃんこ掲示板って何のことですか?

これには私、怒りましたよ!
自分が無断転載した内容、見てみなさいよっ!
2回目のメールでは、バシッとネコパンチくらわせてやりました。


   

さて、どうして急に、こういうことを思い出したかというと・・・

前の記事で空気清浄機のことを書いたあと、ある猫ボラさんのことを思い出したんです。
重度の猫アレルギーで、何回も救急車で運ばれたりしながら、猫たちのために奔走していました。
入院でしばらくネットを休むという書き込みがあったけど、その後どうしているかな??

久しぶりにその猫ボラさんのサイトを訪問してみようと、グーグルにキーワードを入れたら、全く同じ文章・画像のページを発見。
最初は、サイトが引っ越ししたのかと思ったけど、どうもそうではないらしい・・・
ご家族のサイト? ボラ仲間のサイト? それにしては様子がおかしい・・・
許可をもらって転載? それならそれなりの表記があるはず・・・

ひょっとして無断転載?? って疑いが、さっきから頭を離れないのです。


猫ボラ界ではバイブルのような、有名なサイトというか、マニュアルなんですよ。
これで救われた子ネコ、何百匹もいるはずです。
それが、完全複製されていて、しかもオリジナルより見やすいんです。
人間界の事情はともかく、ネコたちにとっては、良いことかもしれないけど(苦笑)

私も、良い文章や表現に出会うと、まるごと取り込みたいと思うときがあります。
使用済み切手でボランティア」では既存のサイトをずいぶん参考にしているし、「ニンゲンの手を借りたい」でも無断転載と受け取る人がいるかもしれないのですが・・・

ページ全体まるごとコピペは、いけません!

著作権の問題もあるし、自分の経験が他人のものとして語られる不愉快さって、想像以上のものがあります。
「私が・・・」なんて1人称の文章だったら、そのサイトのオーナーが書いたものだと誰でも誤解しますから。
猫たちの幸せを願う気持ちは同じなんですけどね。人間界って難しいです。




最新記事
こんなネタで書いてます

著作権
猛猫 人喰猫 セリア 100均 おぱんつ 肛門腺 牛乳パック リサイクル 支援物資 後方支援 トイレ ゴミ袋 パパ 書き損じ葉書 使用済切手 モニプラ ベジタリアン 商品レビュー 猫カフェ 肉球タワシ 猫バンバン 日産 にゃんにゃんにゃんもっく 無断リンク 無断転載 web管理 著作権 リンク 文化庁 引用 転載 フリマ かぎシッポ 危機管理 ハンモック ペットシーツ 防災 地震 レジカゴバッグ ゴジラ 猫じゃらし 掃除 おもちゃ 割り箸 網戸 ペットディフェンス フード 銀のスプーン 湘南ねこの会 JAWS 使用済み切手 非常袋 問題 妖猫 猫又 白髪 慢性肝炎 通院 血液検査 モグラ アイムス ケージ 避妊手術 TNR 麻酔 ケタミン メラミン 入院 足跡 マステ 竹シーツ キャットハウス メルアド便 洗剤 洗濯 おひざねこ タオルケット 毛布 シーツ 布団カバー ラグ 古本 買取 雑誌 寄付 古着 警察 詐欺 セキュリティ スリング 首痛 肩痛 腰痛 ジョジョ立ち 朝食 布団 猫とPC フリース タオル 化猫 ベッド すのこ マシュマロベッド 首輪 これはなんでしょう 身柄確保 キャリー 収納 バスルーム 便利グッズ 猫顔ポスター ダイソー カーテン 編物 補修 ワードアート 編み図 エクセル にゃんこはうす 採尿 膀胱炎 ミネラルウォーター 四万十の水 古タオル カイロ 葉書 テレカ ニンゲンの手 エコ レシピ 家事 エアコンマット ハンドメイド 事件簿 グリセリン 石鹸 オリンピック 結露 プラダン チイ ドアレバー 怪猫 ソルビエント ご近所対策 招き猫 アニメ 楽天ブログ 猫顔バナー 朝顔 ガーデニング アマゾン 衣類 ユニクロ 50肩 おやつ 節約 エアコンマットそよ クロネコヤマト メール メール便 スピーカー 図書カ 脱走防止 amazon 推定誕生日 プロメテウスの罠 ビール券 おこめ券 無印 東日本大震災 コジマ 犬猫救済の輪 毛糸 ススワタリ 猫草 セシール ことさが 楽天 黒丸 底値 新黒丸 募集 クロネコ イカ 暖パン 着る毛布 期間限定ポイント テーブルクロス 数学 ツイッター 大掃除 換気扇 キッチン ナチュラルクリーニング エコ掃除 ブランケット お歳暮 もち吉 投薬 アフィリ バネ指 ネフガード 箪笥にニャン 切手でボランティア 排水口ネット ばね指 怪我 屋根裏 コピー用紙 ヒトの健康 マスキングテープ フィッシング 人間ベッド 蝙蝠 オーブントースター タッパー 猫耳 こうして原発被害は広がった 国会 枝野幸男 菅直人 ギフト フェイクレザー 財布 器物破損 キッカー クーnyan動画館 初島 楢山節考 ひにゃたぼっこ 留守番 吐く ブログパーツ サイドバー 日本沈没 デマ キャットウォーク SH-11C ファッション 毛皮反対 フロンテ 猫語入力 黒猫 ピュリナワン 収入印紙 フープロ テスコム 米ぬか 粉石鹸 ボーソー油脂 マッサージクッション おやすみパンツ カムイ伝 曽野綾子 マウスパッド マウス ベランダ サローネ ヘアカット キドニーケア 床上浸水 台風 扇風機 ゲーム ネットでマングローブ アザラシ クジラ 化学 分子栄養学 三石巌 まとめ 福島 迷子 被災地 ポスター 高邑勉 議員 もんだい 玉木雄一郎 バックナンバー たかいたかい 福袋 新聞紙 黒猫ヤマト ゆうパック 巾着 重曹 膝痛 テーブル 爪とぎ 東京都 助成 行政 ストルバイト ネタバレ 芸猫 首長竜 猫爪 TCG エリカラ 署名 動物愛護法 猫毛 エチケットブラシ 掃除機 ミラクリーナー 体調管理 通風 ドア マタタビ メラミン汚染 年賀状 切手 羽毛布団 エコバッグ サバイバルサック Web管理 石けん 2007ペットフードリコール コロイダルシルバー ニオイ対策 草木染め ミョウバン 猫ベッド 肉球タワシができるまで 冷凍保存 新聞紙トイレ 佐藤健太郎 ホルムアルデヒド ヘナ 芋虫 暖房 異物誤飲 植物 ユリ 洗濯ネット 猫舌 キジバト エアコン 郵便 送料 石けん百科 汗対策 塩分摂取 動物実験 虫さされ 天上の青 小説 ノー絹 乳歯 押し入れ 目隠し アクリルたわし 食欲不振 食餌管理 ゼラニウム 消臭 クライミング キャットミント マツムシ 防寒 虫よけ 井上陽水 猫柄 ペットボトル 湯たんぽ 粉石けん 飲水量 室内飼い サル 発情

ついったー
懐かしのバックニャンバー
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
プロフィール

リンクフリー

きらら
く~にゃん(専属モデル)
パパ(ときどき登場)

拍手、ツイート、アフィリリンクからのお買物などしていただけると喜ぶかも♪

きらら宛にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
猫に優しいイベント
記事に書いたモノ
(リンク先は楽天市場です)
最近チェックしたモノ
Amazon.co.jpアソシエイト
ブログパーツ