ネコ口腔ケア用品の香味料を見ていろいろ考えた

2017.07.06 [edit]
後日また記事にします」と書きながら、ずいぶん経ってしまいましたが。。。

ORALPEACE for PET。

 

ナイシン配合なのでぜひ使ってみたい!と思ったけど。
自分でも歯茎が腫れたときに使ってみようと思ってるけど。

成分

ナツミカン、ハッカ、スペアミント。
まるで猫避けにゃん。

このブログの読者の皆さんならご存じと思いますが、一般的には、猫はミカンやハッカを嫌がります。
肉食性のネコの肝臓は、植物への対応能力が低い。
香りで忌避することで、毒をとりこまないようにしてるんですよね。

「ペット用」と書いてあっても、実はお犬様専用なのでしょうか?
いいえ、公式ページ にこう書いてあります。

  • ワンちゃん・ネコちゃんの健康とペットとの快適生活に 「飲み込んでも安心」と話題のオーラルピースから ペット用アイテム「ORALPEACE for PET」が新登場!!
  • ネオナイシン®*配合、水と植物由来成分で作られた愛犬愛猫用の口腔ケア健康ジェル
  • 「ネオナイシン®*配合、水と植物由来成分で作られた愛犬愛猫用マウスケアスプレー」


間違いなく、猫も ターゲット。
それなのに、なぜ、そんなモノが???


「人間用に開発された製品をペット用に」 とHPに書いてあるので、人間用製品と比較してみます。

人間用ペット用
歯みがき&口腔ケアジェル内容量:75g(約2か月分) 価格:1,080円(税込)
全成分:グリセリン(保湿剤・甘味剤、パーム椰子由来)、水、乳酸球菌培養エキス(清掃助剤)、ナツミカン花水(香味剤)、ウメ果実エキス(清掃助剤)、キサンタンガム(増粘剤、トウモロコシ由来)、ハッカ油(香味剤)、スペアミント油(香味剤)
内容量:75g(約2か月分) 価格:1,080円(税込)
全成分:グリセリン(保湿剤・甘味剤、パーム椰子由来)、水、乳酸球菌培養エキス(清掃助剤)、ナツミカン花水(香味剤)、ウメ果実エキス(清掃助剤)、キサンタンガム(増粘剤、トウモロコシ由来)、ハッカ油(香味剤)、スペアミント油(香味剤)
マウススプレー&ウォッシュ内容量:30ml(約2か月分) 価格:1,080円(税込)
全成分:グリセリン(保湿剤・甘味剤、パーム椰子由来)、水、乳酸球菌培養エキス(清掃助剤)、ナツミカン花水(香味剤)、ウメ果実エキス(清掃助剤)、ハッカ油(香味剤)、スペアミント油(香味剤)
内容量:30ml(約2か月分) 価格:1,080円(税込)
全成分:グリセリン(保湿剤・甘味剤、パーム椰子由来)、水、乳酸球菌培養エキス(清掃助剤)、ナツミカン花水(香味剤)、ウメ果実エキス(清掃助剤)、ハッカ油(香味剤)、スペアミント油(香味剤)



モロに一致しますね。
人間用ペット用、それぞれのページからコピペしましたが、完全に一緒です。
「きえ~る」みたいに、パッケージは別でも中身は同じなのかも。

人間グレードなのはありがたい。
でも、猫にミカンやハッカはいかがなものか。

「ペット用」にこのような香味料を使用している点について、公式サイトには説明がありません。
少なくとも私には見つけられませんでした。
製品ページパンフpdfQ&A もチェックしたのですけど。

う~ん。
ナツミカンetc. も気になるけど。
何も言及していないことは、もっと問題だなぁ。

柑橘系やハッカ系が入っていることに対して、猫飼いの不安や疑問を解消する一文があってもいいと思いませんか?
それもないってことは、猫とミカンやハッカやミントの相性の悪さを わかってない(or 無視してる)んじゃ?
そんなメーカーの作ったものは信用できない、とそこまで考えてしまいます。


かつて重曹ブームの頃によく見かけた文章を思い出します。
「ペットのドライシャンプーに。身体の各所に振りかけてブラッシングすると臭いが取れます。ペットが身体を舐めても安心です」
ネットのあちこちに同一の文章があるので問い合わせたら、A社という大手重曹メーカーの販促資料がソースでした。

「ペットが舐めても」 はデータを取ったわけではなく、一般的な安全性として書いたそうです。
食品にも使われるものだから赤ちゃんが口に入れても大丈夫。
人間に安全なものならペットにも安全。
一般的な安全性とはそんなところでしょうか。

絨毯やぬいぐるみに重曹をまぶしてキレイにする裏ワザがありますよね。
毛足つながりで「犬猫にも使えるよね」「食品添加物だからナメても平気だしね」程度のノリで書いたのかなぁ。
塩分摂取や尿pHへの影響なんて、考えもせず。


人間用品のメーカーにとって、犬猫は専門外 の分野です。
十分な知見もないまま「ペット用」を作ったり、安易に「なめても安心」「飲んでもOK」などと記載している場合があるかもしれません。
第三者機関による審査があればいいのにな。

まとめ。
・人間幼児とペットは違う。
・犬と猫にも違いがある。
・メーカーは多方面からの考察と適切な情報提供を。
・飼い主自身も常に勉強を。
・そして、オーラルピースさんには、ネコに適したフレーバーによる商品開発をぜひお願いしたいです。

おしまい。



スポンサーサイト


賢い消費者になろう。猫のために。

2017.05.29 [edit]
重曹がブームになった時代があった。
「ペットが舐めても安心です」
身体にふりかけてブラッシングしたり、猫砂に混ぜるような用法が広まった。

重曹の化学名は炭酸水素ナトリウム。
食塩同様、ナトリウム化合物だ。
食べ物の塩分は気にするのに、なぜ重曹のナトリウムは気にしないのか。


重曹はアルカリだから皮膚がとける、というデマもある。
「猫の皮膚が溶けてしまったそうです!」
「動物病院の先生が書いているから確かです!」


重曹のpHは8程度しかない。石けんよりも弱いアルカリ性だ。
ちょっと調べれば、あり得ない話だとわかる。
それでも、拡散する人が後を絶たない。


どうして簡単に鵜呑みにしちゃうのかな。
愛猫の健康にかかわることなのに。


例の消臭剤の
「ペットが飲んでもOK」
これはどうか。

「天然成分100%」
天然でも危険なもの、たくさんあるじゃないか。
「バイオエキス(酵素)」
酵素の名称がわからないと手がかりにならない。

口内炎改善などの口コミが多数あるということは、その口コミ以前に猫に与えた人が、多数いるということ。
「飲んでもOK」「天然成分」 などのワードだけで猫に・・・・・・勇気があるなぁ。
怖くないのかなぁ。

結果オーライ、口内炎に苦しむネコさんには朗報だろう。
ワラにもすがりたい飼い主さん猫ボラさんは使ってみたらいい。

でも、そのことと、宣伝文句を鵜呑みにする危険は別。
メーカーは、自分に都合のよいことしか書かないものだから。
リスクは自分で判断しないと、いつか地雷を踏むかもしれませんよ。


c170326.jpg
「コレは噛んでもあんしん。ガブッ!」




「重曹で身体を拭かないで 皮膚が溶けて亡くなった猫」はデマです

2017.05.17 [edit]
8年前、重曹を強アルカリと勘違いした獣医さんが、メルマガで流してしまった誤情報です。
後日のメルマガで訂正されています。

メルマガのバックナンバーをご確認ください。



過去記事「重曹で皮膚が溶けるというデタラメなお話」へのアクセスが急に増えました。

不思議に思って調べたら、件のメルマガの 訂正前の内容 が、ネットで再燃していることがわかりました。
「重曹で身体を拭かないで 皮膚が溶けて亡くなった猫」というタイトルのコピペブログが複数あり、それがツイッターで拡散されています。
今これを書いているあいだにもどんどん RT されています。


「重曹で猫の身体を拭かないで」には賛同しますが、皮膚が溶けて亡くなったというのは誤りです。






重曹25kgの使い方★バスルーム編★

2011.01.25 [edit]
先週の ★トイレ編★ に続いて、バスルーム編です!

今まで、バスルームではあまり重曹使ってませんでした。
マヨネーズ容器に入れてあるとはいえ粉モノですから、濡らさないようにしようと思うと・・・
いちいち蓋をきちんと閉めたり、水がかかりにくいところに置いたりって、面倒なんですよ。

湿気させたくない→浴室に置きっぱなしにできないってのも難点。
いちいちバスルームに持ちこんで、掃除のあとはもとに戻すって、それができれば苦労しない。

そもそも、重曹の研磨力で落ちるような汚れって、アクリルタワシでもほとんど落とせるので。
わざわざ重曹を持ちこむ必要がないんです。

だから、我が家のバスルームでは「アクリルタワシ」が主戦力ってことになってましたが。
このアクリルタワシさん、ちっとも仕事をしない。
壁で、ぶら下がってるだけ。

だってね・・・
掃除って、一度始めたら、終わりが無いじゃないですか!!
汚れてるとこがどんどん目についてきて、あっちも!こっちも!って。
それでギックリ腰になったり疲労困憊で寝こんだり・・・ってのを何回も経験してれば、うかつにタワシに手を伸ばせなくなるわけですよ。


そういうわけで、我が家のバスルーム、ドロドロ&ヌルヌルだったんですけど。

最近、見違えるようにキレイになってきました。
コレのおかげです買っちゃった!☆激安重曹10年分☆

この重曹をゲットした途端、良い方法を思いついちゃったんですよ!
その方法だと、蓋の開閉なんか1回もしなくていいし、水濡れも気にしなくていいし、無限地獄の心配もないし、後片付けも不要なんです!!


キーワードは、「カップ」と「洗面器」。


入浴時に、カップに重曹を入れて持って行って、洗面器にドバッとあける。
それだけ。


トイレに置いてある重曹をちょこっとすくえば簡単


空になったカップは、水が入らないように伏せておきます。
次に使うときまで、そのままバスルームに置きっぱなし=後片付け不要。


あとは、湿らせたアクリルタワシを洗面器につっこんで重曹つけて、壁でも床でも小物でも、気になるところをゴシゴシ、シャワーでジャーッ。
どうせ使い切る重曹ですから、濡れたタワシ、汚れたタワシでも遠慮なくつっこめます。



最後に残った重曹でグリグリやれば、洗面器もピカピカに!!


まとめると、こんな感じ。

【入浴ついでのバスルーム掃除☆レシピ】
  1. 入浴するついでに、カップに重曹を入れてバスルームへ。
  2. 洗面器の上でカップを逆さにして、重曹を全部あける。
  3. アクリルタワシを洗面器につっこみ、重曹をつけ、気になるところをこすり、シャワーで流す。
  4. 洗面器の中の重曹がほとんどなくなるまで、3 を繰り返す。
  5. 最後に残った重曹で、洗面器を軽く洗う。
  6. 髪や身体も洗う。

ドロドロでヌルヌルだった我が家のバスルーム。
これを3回ぐらいやったら、見違えるように美しくなっちゃいましたよ!!
3回目には、ほとんどの場所がキレイになってしまって、汚れてるところを探すほうが大変なくらいでした。

あとは、今の美しさを保てるように、手入れを怠りなく・・・なんてことは絶対できないので。
またドロドロ&ヌルヌルになったら、重曹洗面器作戦を発動しようと思います!!




食品添加物その2(ペット編) 「犬・ネコの健康(1936)」

2011.01.23 [edit]
おまたせしました。「人間編」の続きです。


家庭にある重曹や酢を使った掃除。
万が一コドモの口に入っても OK。「もともと食べ物なんだから♪」ですみます。

その「もともと食べ物なんだから♪」が、市販の商品ではこんなフレーズになるわけですね。
「食品なので、赤ちゃんがなめてしまっても安心です」
ただし重曹やクエン酸の場合、法律上は食品ではなく「食品添加物」なので
「食品添加物なので、赤ちゃんがなめてしまっても安心です」


こうなると「塩酸だって食品添加物ですけど?」ってツッコミもできるので、適切な表現かどうかは「?」ですが……
まぁ、万が一口に入れても病院に駆けこむ必要はありませんもともと食べ物に使うものですからね~と言いたいってことはわかりますね。


y1.gif


さて。
最近は、ペット用品でもこんな表現があります。
「食品添加物なので、ペットがなめても安心です」


こう断言するためには、まず「食品添加物はペットがなめても安心である」という大前提が必要なはずですが……

ネコになめさせたくない食品添加物、たくさんあるんですけど。
塩分豊富な重曹。
マグネシウムたっぷりのニガリ。
「猫で強い急性毒性」というミョウバン。
タマネギ色素も食品添加物です(ネコに有害な成分が含まれるかどうか知りませんが)。

そもそも人間用の食べ物には、ネコに NG なものがたくさんあるのに、人間用の食品添加物がフリーパスなわけないです!


それから、どの程度なめても安心なのか。
製品の用途とペットの生態から予想される摂取量を算出した上での「なめても安心」でなきゃ、意味がないと思います。

楽天のペットグッズカテゴリで「なめても安心 食品添加物」で検索したら、197件あるんですけど。
  • 除菌水(体に吹きかける)
  • シャンプータオル・ボディケアシート(体を拭く)
  • シャンプー
  • あま噛み防止(噛まれやすい部位に塗る)
ペットの身体に直接触れることを想定した製品ばかり!

人間のコドモが万が一口にしたときの「なめても安心」。
ネコが日常的になめても OK な「なめても安心」。
これを混同しちゃダメですよ!!
日常的にということは、万が一じゃなくて「万が万」。
「万が一」と「万が万」じゃ、摂取量が 1万倍 違うんですから!

y1.gif


エコ掃除等で多用される食品添加物について、消費者の指摘で、「なめても安心」の表記が改善したケースがあります。
昨年ぐらいから、このような文章を見たことはありませんか?

※なお、重曹には塩分が多く含まれるので、腎臓機能の低下しやすいネコへの使用はお勧めしません。
ズバリ、石けん百科さん。「重曹の使い方」のページです。

実は、このブログの「ネコに重曹、大丈夫?」を読んで、アクションを起こしてくださった方がいらっしゃったのです!
楽天ブログのお仲間、Cさん。(お元気ですか~?)
Cさんのレポートも、ぜひご紹介したいところですが、レポート中で具体名を出さないように気を使っていらっしゃるので、こちらからリンクするのは控えておきます。
たいへん迅速&良心的な対応だったようで、Cさんにも百科さんにも感謝です!

イヌなら塩分を気にしなくていいのかい?ってツッコミの余地はありますが~~


実は百科さん HP には、以前からこんな説明が載っていました。
「身体の各所に振りかけてブラッシングすると臭いが取れます。ペットが身体を舐めても安心です。」
他のサイトでもまったく同じ文章を見かけます。
共通のルーツがあるのかな?と調べたところ、「かなり以前に旭硝子さんのHPに載っていた資料を参考にして書かれたもの」だという情報をいただきました。

その資料は、もう web からは消えているそうで、原文は確認できませんが、旭硝子さんの現在の HP を見ると、重曹を使ったペット臭対策やドライシャンプーを紹介しているページがいくつかあります。
「舐めても安心」なんて、どこにも書いてないのです。
ということは。
  • (仮説1)昔はそういう記述もあった→何らかの理由で削除した
  • (仮説2)もともとそういう記述はなかった→担当者が独断?で書き加えた
う~ん。
どんな経緯にしても、きちんとしたデータに基づいた「なめても安心」じゃなかったような……


「身体の各所に振りかけてブラッシングすると臭いが取れます。ペットが身体を舐めても安心です。」
この文章、ググってみると、web上で膨大に(軽く100件以上!)見ることができます。
新しい注意書きはまだ 10件程度です……もっと普及してほしいものです。
(でも無断転載は違法なので、適法な無断利用の一態様の引用の範囲でね~~~)


関連記事:食品添加物その1(人間編)ネコに重曹、大丈夫?ミョウバンってネコに毒!?




重曹で皮膚が溶けるというデタラメなお話 「犬・ネコの健康(1936)」

2009.05.07 [edit]
溶けませんっ!
誰ですかそんなこと言ってるの!

えっ? 獣医さんのメルマガ

アルカリは、タンパク質を溶かす。
重曹は、アルカリ性である。
だから重曹を皮膚に塗ると、皮膚が溶けてしまう。
……という三段論法なのですが。

表面のタンパク質が、ちょこっと溶けたりはしても。
重曹水で身体を拭いたからって、そのメルマガの猫ちゃんのような悲惨な症状になるわけないです。


だって、重曹って、石けんよりも pH が低いんですから。

弱アルカリ性
pH8~10
・血液(7.4)
・海水(8.1~8.2)
重曹(8.2)
・石けん(9.0~11.0)
強アルカリ性
pH11以上
・炭酸ソーダ(11.2)
・苛性ソーダ(14)


もし重曹で皮膚が溶けたら、石けんも使えないし、海水浴もできませんって。


でも、いずれにしても、重曹水で を拭くのはやめましょうね~
重曹は塩分豊富だし、ネコは身体を舐めますからね!



肉球たわし~ず 残り11個

猫に優しいミニ情報【堺】パネル展 5/9~12




ネコに重曹、大丈夫? その6

2008.02.18 [edit]
その5」から 1年半。
このようなコメントをいただきました。

>重曹は酸性体質を弱アルカリにしますね。
>これにより、尿酸結石などは溶かされ、人間では痛風の予防になります。
>しかし、猫はアルカリ体質になると結石が出来ますので、
>特に去勢した雄猫に多いようですが、これを考えると、
>重曹を猫が摂取すると、石が出来て膀胱炎になる可能性が示唆されます。
>もっとも、可能性だけですが・・・・。


実は、その1その5 を書いた頃は尿結石の知識は全然なくて、塩分にしか注目していなかったのですが。
その後 ク~ニャン がストルバイトをやったおかげで、胃酸分泌と尿pH が連動することも、今なら知っています。

“胃薬”として用いられることもある、重曹。
これが尿pH に影響しても、不思議はありませんね!

あらためて調べてみました。

「重曹→尿アルカリ化」
重曹(炭酸水素ナトリウム)には確かに「尿アルカリ化剤」としての用途があります。
尿酸結石の予防で 1日 3g内服するとか。
(ただし塩分の問題があるので、最近はあまり処方されないらしい)
体重比で計算すると、ネコなら 0.2~0.3g?


「尿アルカリ化→ストルバイト結晶生成」
尿結晶と尿pH に密接な関係があることは、尿石症に泣かされた飼い主さんならよくご存知ですよね。

この 2つをつなげると、コメントでいただいた通り、
「重曹→尿アルカリ化→ストルバイト発症率UP」
という疑惑が確かに浮上。


そこで、重曹とストルバイトを関連づける記述を探して、ネットの海をさまよったのですが……
全然見つかりません。
砂に重曹を混ぜたら、2匹同時に発症しちゃいましたぁ~~って例がちょっとあったけど、それだけ。

う~~~ん。

胃酸+重曹でシュワーッ!ってのは、排水口掃除と似ていてイメージしやすいのですが、そこから先の代謝となると、どこまで人間と同じなんだか。

でももしかしたら、ストルバイト治療中の猫ちゃんが、尿を酸性化する療法食を食べる一方で「重曹生活」もしていて、いつまでも治らないばかりか、療法食と重曹の両方から大量の塩分を摂取……なんてこともあるのかもしれません。


とにかくまぁ、「医薬品」としての効能や注意書きを読むと、「身体にいろいろな影響を与えるもの」であることは明らかです。
「ペットに無害」なんてフレーズもよく見かけますが、塩分とアルカリ尿なんて、モロに猫の弱点ですっ!
いろいろと便利な重曹ですが、ニャンコワンコの身体に付くような使い方だけは、やめておきましょうね。



ところで、ク~ニャン のストルバイトのとき、尿結石について調べまくった私ですが……
痛風や尿酸結石のことは全然知りませんでした。
ネコは基本的に酸性尿なわけだけど、尿酸結石ってできないんだろか?

はい、大丈夫。できませ~ん!
これは、ググったらすぐわかりました。

ニャンコは尿酸を分解する酵素を持っているのだそうです。
だから痛風にならないし、尿酸結石もできないんだって。
どうりで、猫系サイトじゃ病名すら登場しないわけですね。

もし「今日は痛風がひどいニャ~」なんて言っているネコさんがいたら、それは仮病ってことで。


<参考サイト>
関連記事:食品添加物その2(ペット編)




ネコに重曹、大丈夫? その5

2006.07.02 [edit]
グーグルで「重曹 ネコ」って入力すると、

「ネコ砂を交換するたびに、たっぷり重曹を」
「ネコのトイレに適量振りかけて」
「砂の下に敷いてみた」
「トイレの消臭には重曹・・・・・・猫ちゃんの口に入っても安全」

検索結果上位 10件で、こんなに出てきます。


砂に混ぜたら、身体に付くと思うんだけど。
いや、粒の大きさが違うから、重曹は砂の下に潜っちゃうかな。
でも、トイレの底が見えるまで深く掘る子もいるしねぇ・・・・・・

ちょっと実験してみましょう。
といってもうちの子は新聞紙派。ネコ砂がありません。代わりに使えそうなものは・・・・・・


某社シリアル。150cc。
うちにあるものでは、ネコ砂に一番近そうです。

(某社さん、ごめん)


重曹 大さじ1。


混ぜたところ。
重曹がはいっているのは、全然わかりません。

粒が細かいほうが下に沈むので、上からは見えないんですね。
底のほうには、白い粉がいっぱいです。


猫になったつもりで、ほりほり、かきかき。


手に付いた粉。
ネコ砂の粉末と重曹です。

指同士を擦り合わせたり、もう片方の手で払ったりすれば、だいたい落とせます。
でも、ネコは指をこすり合わせたりしないなぁ。


爪の周囲。
ここだけは、水洗いしないと、落ちませんでした。
ネコなら、舐めて“水洗い”しますね。

ネコの爪はもっと小さいけど、立体的で複雑な構造。
それなりに付くと思われます。



わざわざ実験するまでもないことですが、遊んじゃいました~~~~~

とにかく、砂をかき混ぜて、足に何も付けずに出てくるってことは無さそうです。


足の裏に付着したものは、カーペットの上を歩いたりすれば落ちる可能性もあるけど、指のあいだや、爪の周りに入りこんだものは、簡単には落ちません。
いずれ本猫が舐め取ることに。

指1本、爪1本ならたいした量じゃなくても、四つ足でトイレに入るから、指の数は 18本で 18倍。
1日3回トイレを使う子なら、のべ 54倍!!
それが毎日ですよ、毎日!

重曹の塩分は食塩の約7割。
重曹入りのトイレに10回入ったら、そのうち7回は「食塩」を身体に付けて出てくるのと同じですよ!

猫トイレに薦めるショップさんや、実際に入れている飼い主さんたち、これを認識しているのでしょうか???????



【関連記事】






ネコに重曹、大丈夫? その4 「猫のいる生活(343038)」

2006.07.01 [edit]
「重曹って安全ですか?」を改題しました。

その2」の記事で溶解度がどーのこーのと書いたけど、これ取り消し。
よく考えたら、水への溶解度なんて、関係ないですね~~~
胃に入ったら、お酢ぶっかけたときみたいに、シュワシュワ反応しますって。
分解も吸収もされずに体内素通り なんて、あり得ないのでした。

およ?

胃酸の主成分って、塩酸。
塩酸の塩素と、重曹のナトリウム。一緒になったら塩化ナトリウム。
もしかして、胃の中で、食塩ができる?????

NaHCO3(重曹) + HCl(塩酸) → NaCl(食塩) + H2O(水) + CO2(二酸化炭素)


間違っていたらハズカシイので、検索してみました。
ズバリ書いてあったのが、熊本の清風薬局さんの HP

(引用)
  胃酸と反応して
  NaHCO3 + HCl →NaCl + H2O + CO2
  のように食塩を生成してしまうので、食塩制限されている患者(高血圧など)には注意


やっぱり!!
重曹が胃液と混ざると、食塩水と炭酸ガスができるんだあぁぁぁ!


サイトを参考にさせていただいたお礼に、お店を紹介。清風きらら薬局
私きららとは何の関係もありませんが、お近くの方、ぜひ行ってあげてくださいね。


ところで。
現在グーグルで「重曹 ネコ」って入力すると、1位・2位は、なんと、このブログです!
やったぁ!! 皆さんありがと~~~♪

で、3位以下を見渡してみると・・・・・・う~ん、気になる。ちょっと実験してみようかな。

以下次号。


(ネコに重曹、大丈夫? その1 その2 その3 その5 も見てね)




ネコに重曹、大丈夫? その3

2006.06.25 [edit]
しつこく重曹の話。
脱臭剤や掃除洗濯に使うだけなら、「無害」と言いきってよいと思いますけど。

10g の重曹には、7g の食塩とほぼ同じ塩分があります。
重曹の塩分も食塩の塩分も、体内に入っちゃえば全く同じ。
(そう考える理由は、その2 をご覧くださいね)

我が家では、ク~ が直接触れるような重曹の使い方はしませんが・・・・・・
調べものをしていると、猫に対する使用例がいやでも目について、気になります。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴∴・∴・∴∴・∴・∴・∴

たとえば、こちらの 重曹(炭酸水素ナトリウム) 500g のページ。※現在はリンク先ページが無くなっています。
人間に対する「服用時の注意」が、8行に渡ってギッシリ書かれています。

でもペットに対しては、何の注意もないんですよ。

「身体の各所に振りかけてブラッシングすると臭いが取れます。ペットが身体を舐めても安心です」
これと全く同じ文章を、あの石けん百科 さん他、あちこちのサイトで目にしますが・・・・・・
※石けん百科さんでは表記を改善してくださいました。詳しくはこちら

ドライシャンプーって、どのくらいの量を使うのでしょうか。
少なくとも、調理に使う食塩の何倍いや何十倍ですよね。
あるサイトでは「50g」って書いてあったけど、重曹 50g は食塩 35g と同量のナトリウムを含みます。
食塩が 35g も混ざった粉を、愛猫にふりかけるのと、同じです。

ブラッシングしても、一部は身体に残りますね。その身体をネコは舐めます。
無害だと信じて、こういうことを繰り返していたら、身体に悪いのではないでしょうか。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴∴・∴・∴∴・∴・∴・∴

また、猫砂に混ぜる使用法として、「砂1リットルに重曹1カップ位」なんて書いてあるサイトも、見たことがあります。

重曹1カップって、食塩 0.7 カップ相当。
トイレの砂が1リットルだけってことはないですよね。
4リットルだったら、食塩 2.8カップ入れるのと同じ。

そんなトイレに、1日に何回もネコがはいって、ほんとに大丈夫ですか?

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴∴・∴・∴∴・∴・∴・∴

安心、安全、無害。
そんな言葉を見ると、まるで空気や水みたく、何も気にせずにジャブジャブ使ってよいみたいな気になるけど・・・・・・

どうして、食塩の7割にもなる塩分を、誰も指摘しないのか?????
不思議でしょうがないのです。


【関連記事】食品添加物その2(ペット編)




最新記事
こんなネタで書いてます

重曹
使用済切手 後方支援 支援物資 きえ~る オーラルピース 口内炎 重曹 口腔ケア 抗菌剤 ナイシン ネオナイシン テレカ タオル 歯磨き 乳酸菌 消臭剤 モニプラ 商品レビュー デマ 肛門腺 抗生物質 肉球タワシ EM菌 これはなんでしょう フリマ 推定誕生日 ハンドメイド ダイソー おぱんつ 100均 カラス ベランダ 鳥獣保護法 電柱 はるかぜちゃん 足跡 肉球 古着 リメイク Tシャツ 人喰猫 猛猫 セリア リサイクル 牛乳パック トイレ ゴミ袋 パパ 書き損じ葉書 ベジタリアン 猫カフェ 猫バンバン 日産 にゃんにゃんにゃんもっく 著作権 無断リンク 無断転載 web管理 文化庁 引用 リンク 転載 ハンモック 危機管理 かぎシッポ ペットシーツ 地震 防災 レジカゴバッグ ゴジラ おもちゃ 掃除 割り箸 猫じゃらし ペットディフェンス 網戸 銀のスプーン 湘南ねこの会 フード 使用済み切手 JAWS 非常袋 問題 妖猫 猫又 血液検査 通院 白髪 慢性肝炎 モグラ アイムス ケージ ケタミン TNR 麻酔 避妊手術 メラミン 入院 マステ 竹シーツ キャットハウス メルアド便 洗濯 洗剤 おひざねこ タオルケット 布団カバー 毛布 シーツ ラグ 雑誌 買取 古本 寄付 警察 詐欺 セキュリティ スリング 肩痛 腰痛 首痛 ジョジョ立ち 朝食 布団 猫とPC フリース 化猫 マシュマロベッド すのこ ベッド 首輪 身柄確保 キャリー 収納 バスルーム 便利グッズ 猫顔ポスター 編物 カーテン 補修 ワードアート エクセル 編み図 にゃんこはうす 採尿 膀胱炎 ミネラルウォーター 四万十の水 古タオル カイロ ニンゲンの手 葉書 エコ レシピ 家事 エアコンマット 事件簿 石鹸 グリセリン オリンピック 結露 プラダン チイ ドアレバー 怪猫 ソルビエント ご近所対策 招き猫 アニメ 猫顔バナー 楽天ブログ ガーデニング 朝顔 アマゾン 50肩 ユニクロ 衣類 節約 おやつ エアコンマットそよ クロネコヤマト メール メール便 スピーカー 図書カ 脱走防止 amazon プロメテウスの罠 おこめ券 ビール券 無印 東日本大震災 コジマ 犬猫救済の輪 毛糸 ススワタリ 猫草 セシール ことさが 楽天 底値 黒丸 新黒丸 募集 クロネコ イカ 暖パン 着る毛布 期間限定ポイント テーブルクロス 数学 ツイッター 換気扇 エコ掃除 キッチン 大掃除 ナチュラルクリーニング ブランケット お歳暮 もち吉 投薬 バネ指 アフィリ ネフガード 箪笥にニャン 切手でボランティア 怪我 排水口ネット ばね指 屋根裏 コピー用紙 マスキングテープ ヒトの健康 フィッシング 人間ベッド 蝙蝠 オーブントースター タッパー 猫耳 こうして原発被害は広がった 菅直人 枝野幸男 国会 財布 ギフト フェイクレザー 器物破損 キッカー クーnyan動画館 楢山節考 初島 ひにゃたぼっこ 留守番 吐く サイドバー ブログパーツ 日本沈没 キャットウォーク SH-11C 毛皮反対 ファッション フロンテ 猫語入力 黒猫 ピュリナワン 収入印紙 フープロ テスコム ボーソー油脂 米ぬか 粉石鹸 マッサージクッション おやすみパンツ カムイ伝 曽野綾子 マウスパッド マウス ヘアカット サローネ キドニーケア 台風 床上浸水 扇風機 ネットでマングローブ ゲーム アザラシ クジラ 化学 三石巌 分子栄養学 まとめ 被災地 迷子 ポスター 福島 高邑勉 議員 もんだい 玉木雄一郎 バックナンバー たかいたかい 福袋 新聞紙 ゆうパック 黒猫ヤマト 巾着 膝痛 テーブル 爪とぎ 行政 助成 東京都 ストルバイト ネタバレ 芸猫 首長竜 猫爪 TCG エリカラ 署名 動物愛護法 ミラクリーナー 掃除機 猫毛 エチケットブラシ 体調管理 ドア 通風 マタタビ メラミン汚染 切手 年賀状 羽毛布団 エコバッグ サバイバルサック Web管理 石けん 2007ペットフードリコール コロイダルシルバー 草木染め ニオイ対策 ミョウバン 猫ベッド 肉球タワシができるまで 冷凍保存 新聞紙トイレ 佐藤健太郎 ホルムアルデヒド ヘナ 芋虫 暖房 異物誤飲 植物 ユリ 洗濯ネット 猫舌 キジバト エアコン 郵便 送料 石けん百科 汗対策 塩分摂取 動物実験 虫さされ 小説 天上の青 ノー絹 乳歯 押し入れ 目隠し アクリルたわし 食餌管理 食欲不振 ゼラニウム 消臭 クライミング マツムシ キャットミント 防寒 虫よけ 井上陽水 猫柄 湯たんぽ ペットボトル 粉石けん 飲水量 室内飼い サル 発情

ついったー
プロフィール

リンクフリー

きらら
く~にゃん(専属モデル)
パパ(ときどき登場)

拍手、ツイート、アフィリリンクからのお買物などしていただけると喜ぶかも♪

懐かしのバックニャンバー
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
きらら宛にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
猫に優しいイベント
記事に書いたモノ
(リンク先は楽天市場です)
最近チェックしたモノ
Amazon.co.jpアソシエイト
読書にゃう
ブログパーツ