バックルの位置でこんなに違う!~「安全首輪」の盲点~

2Lのペットボトル2本(計4kg)を入れた、黒猫色バッグ。

130324テスト1


持ち手に安全首輪を通して、バックルが 横位置 になるように持ちます。

130325テストa

持ち上げようとすると。

130325テストb

簡単に外れました。
4kg の重量物を吊るすことはできません。

今度は、バックルを 真下 にしてみます。

130325テストc

持ち上げると。

130325テストd

4kg を吊るすことができました。
安全バックル、外れません!


どのくらいの重さがかかったら外れるのか?
ペットボトルを増やしてみました。

3本(6kg)……外れません。
4本(8kg)……外れません。
5本(10kg)……外れません。
6本(12kg)……ついに、やっと、外れました!


つまり。

130324首輪a

こうやって両側から引っ張れば 4kg で外せるけど


130324首輪b

たまたまこんな位置だと、3倍の力が必要!


ビックリです。


でも、「首吊り」って、体重だけじゃないんですよね。
「落下の衝撃」も加わるんですよね。
次は、その実験をしてみます。


(つづく)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT