ごぼう茶の出し殻まで食べてみたよ

ジャーン!!


141018a.jpg

当選しました!
原材料ゴボウ100%の 国産ごぼう茶 です!

141018b.jpg

(左上の妖怪のアップ)

141018c.jpg

実はこの「ごぼう茶」、ずーっと気になってたんです。♪
お茶にしたあとの、出し殻まで食べられるそうなので。

ウチのキッチンには、秋冬になると「SOUP BAR」が出現します。
たまねぎスープをベースに、ありあわせの野菜類・豆腐類・調味料などなど適当に保温鍋にぶちこんでおいて、「SOUP BAR」と書いた付箋をペタン。
小腹がすいたときや暖かいものがほしいとき、各自セルフサービスでどうぞ~てな感じです。

ごぼう茶、出し殻まで食べられるなら、この「SOUP BAR」に入れちゃえばいいんじゃないかい? って思ってたんですよね。


オーガランド楽天市場店ファンサイト参加中

でも、「ごぼう茶」というネーミングからは「我輩はお茶である」という主張を感じるので。
まずは、お茶としていただいてみましょう。

やかんで煮出したり、急須で注いだりするのが正しい飲み方みたいですが、、、
ちょうど麦茶の作りおきがなくなったところなので、水出しでアイスごぼう茶に。

141018d.jpg

一口飲んでみて、薄味だな~と思ったけど。
飲みこんで 3秒たつと、ゴボウの風味がふわーーっと鼻に抜けました。
うん、確かに、ゴボウです!!

二口目からは、慣れちゃったみたいでゴボウっぽさはあまり感じなくて、一種のハーブティーみたいな雰囲気で飲みました。


そして、期待の出し殻!
そのまま食べてみたら、なるほど、食べられる・・・けど、醤油が欲しいぞ!
お醤油とゴマと合わせて、オニギリに混ぜこんでみました。

141018e.jpg

ごぼう茶をそえて朝ごはん♪

141018f.jpg

何も知らずに食べたパパいわく
「どうしたら冬瓜がこんなになるの?」
ウチにはいただきものの冬瓜もあったので、それだと思ったそうです。

冬瓜じゃないよゴボウだよ~と説明したら。
「ゴボウがこんなに柔らかくなるの!?」
ビックリしてましたよ~


スープ編はまた後日。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT