メルアド宅配便を使ってみた

メルアド便のことを書いておかなくちゃね。

160331b.jpg

春に支援させていただいた 「50年分の毛布」、記事にも書いたように「大箱6個」になったんですけど。
送るにあたって、以前にコメントで教えていただいた「メルアド宅配便」というものに挑戦してみました。

全国どこへでも、1箱1,100円。6箱だと6,600円。
普通の宅配便だと1万円ぐらいかかるから、この差はデカイ!
教えてくれた方、ありがとう♪

しかし、初めて使ったメルアド便、敷居は高かった・・・・・・
どっとたいあーど!

あ、「どっとたいあーど」って、かつて某学校で流行ったスラングで、どっと疲れたって意味です。


以下、感動した点。

【感動1】 激安。
 160サイズ 30kgまで、全国一律1,100円。

【感動2】 集荷にきてくれる。
 今まではどんな重い荷物も「郵便局に持ちこんでゆうパックで発送」が最安だと思ってました。
 運ばなくてすむのはありがたい~~

【感動3】 ラベル書かなくてOK。
 印刷済みのラベル(集荷時に持ってきてくれる)を、荷物に貼るだけ。

【感動4】 箱を買ってもまだ安い。
 「市販の段ボール箱 358円」+「送料 1,100円」=1,458円 で160サイズの荷物が送れた!!
 160サイズで1,500円を切るなんて、普通のゆうパックや宅急便じゃ考えられないっ!

【感動5】 届いた。
 こんな安いのに、ちゃんと配達されました!


そして・・・ビミョーな点。

【微妙1】 安すぎ&知名度低すぎ。
 初めて利用するときは、ちょっと勇気がいりますね。

【微妙2】 公式サイトがわかりにくい。
 住所で送る方法を理解するのに1時間ぐらいかかった・・・頭クラクラ・・・

【微妙3】 メール認証がやたら多い。
 とにかくめんどくさい。

【微妙4】 「メルアドで送る」の場合、受取側で住所等を入力。
 なんか、フィッシング詐欺と間違えられそう。
 先方の負担を考えると、“支援”には使いにくいですね。

【微妙5】 「住所で送る」の場合、先方の個人情報を勝手に入力していい?
 運ぶのは佐川急便でも、申込先は別会社(ソフトバンク系)なので。
 知らないうちに自宅の情報がよその“中継業者”へ・・・自分だったらイヤだな。
 会社とかお店とか、住所を堂々とネット公開しているところなら、まぁいいかな~

【微妙6】 日数がかかる&エコじゃない。
 どんな荷物も、いったん東京に集めてラベルを貼り替えて再発送するので、届くのに数日かかる。
 きっと、中継会社@東京が大口契約激安料金で「着払受取&発払発送」することで、個人で送るよりも安くできる裏ワザなんだろうな~
 しかし北海道でも沖縄でも同じ市内でも隣の家でも例外なく東京経由って、そのガソリンは、電気は、あぁぁぁぁ。。。

【微妙7】 荷物番号がすぐわからない。
 追跡用の番号を受取人に知らせたいとき、不便。


ビミョーな点が多すぎて、積極的なオススメはいたしかねますが。。。
★ 受取側が住所を公開
★ 発地 or 着地が東京近郊
★ 東日本⇔西日本

などの場合は、利用してみるのもいいかもー


興味がある方は、自力で検索してね♪
(わかりにくい&めんどいシステムなので、検索程度でくじける人は向かない・・・というわけでリンク張りません)


c140816a.jpg
ク~ 「ニンゲンて ややこしーこと考えるですね」
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT