猫ハンモックの危険性を考えてみた

ほとんどのネコさんは該当しないのでご安心ください。

ヤバイのは、うちの ク~ みたいな変猫です。
尻尾の先がグダグダに曲がってヘアピンカーブ。
鋭いフックになっています。

ときどき、段ボール箱の蓋などにひっかけて、「シャーッ!」と怒ってます。

c140130c.jpg

段ボールやケージの金網のように、硬くて固定されたものなら、一瞬ひっかかってもすぐ外れます。
痛いみたいですが、大事には至りません。

柔軟なものは、尻尾がぶつかれば「どいてくれる」ので、引っかかることはまずありません。
そのかわり、いったん引っかかってしまうと、猫自身では外せなくなります。
ヘアピンと刺繍糸で作った“模型”をご覧ください。

161209ヘアピン

これで“ヘアピン”だけを振り回しても、糸は抜けませんよね。

実は園芸ネットにからまったことがあり、上の“模型”もそのイメージで作ったのですが。
尻尾だけで外そうとしてもダメ。
ネットだけで外そうとしてもダメ。
尻尾とネットの両方を押さえて、丁寧に外さなければ、取れませんでした。
暴れるし痛がるし大変でした


それで、本題の猫ハンモックですが、このロープが気になります。

c161120a.jpg

体重がかかって、ピンと張ったロープ。
尻尾がぶつかっても、どいてくれそうもありません。
もし、これに、引っかかったら・・・・・・

ビックリして飛び降りる
 →ロープ動いて尻尾とれない
  →尻尾で逆さ吊り!!
   →ケージ内だから中途半端に足がつく
    →ロープ動いてやっぱり尻尾とれない
     →パパかママが帰ってくるまでずーっと悲鳴
      →通報される
       →マンションを追い出される

最悪シナリオですが、、、
なにかあったとき 「想定外でした」 じゃすみませんからね。


でもこれ、対策は簡単。
「ピンと張ったロープ」に尻尾があたらないように、何かでカバーすればいいのです。

端切れを筒状に縫って・・・とか考えたけど。
とりあえず猫柄メモ用紙ぐるぐる巻いて、猫柄マステでとめて、ハイ OK!

161209コード
マステは裏側なので写ってません


猫ハンモックもいろんなタイプがあるし、ク~ みたいな変猫は超レアだから、問題になることはほとんどないと思いますが・・・・・・
段ボールに「シャーッ!!」と怒ったり、園芸ネットに捕獲された前科のあるネコさんが、もしいらっしゃいましたら、ハンモックはロープの無いタイプを選ぶか、すでに所有してる場合はちょこっと工夫しておくといいかもしれませんよー
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT