引用・転載・リンクについて

■ 日本の法律では、このように決まっています。

■ 他人のブログの文章・画像等を、許可なくご自分のブログに取りこむ方法は、著作権法第32条にもとづく「正当な引用」しかありません。
 必然性・区別・主従関係・元記事へのリンク(またはURL明示)が必要です。
 これを満たさないと、著作権侵害になります。

■ 著作権は英語で copyright、つまりコピーする権利ですので、すべての複製行為が該当します。
 「転載」を「転用」「転写」「転記」「抜粋」などと言い換えても、ダメ。

■ リンクはオッケー。
一定の目的で関係するホ-ムペ-ジを開けるようにリンク集を作りましたが、
著作権の問題がありますか。(文化庁 著作権Q&A)
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/naruhodo/answer.asp?Q_ID=0000393


以上、「猫と財布」に限らず、日本国の法律が適用されるすべてのブログ・HPに共通のルール(のはず)です。
愛護法にこだわる一方で著作権法はテキトーに流すんじゃ、その逆も認めなければならないので。
少なくとも「動物愛護」を語るサイトでは、テキトーに流さないでいただきたいと思う次第です。



さてここからは、「猫と財布」のローカルな話。

東日本大震災でバタバタしていたときに、当ブログのローカルルールを決めました。
テキスト140文字以内なら、自由にお持ち帰りください。

140文字、つまりツイッターで流せる程度です。
数えるのが大変だったら、4行以内と考えてください。
140文字または 4行以内なら、転載フリーです。
(ただし元記事へのリンクが必要です)

「正当な引用」をバッチリ理解されている方は、必要なだけ何行でもどうぞ。
(正当な引用であれば、著作権者に拒否権はないです)


うるさいヤツだとお思いでしょうが。
不正な引用・無断転載が、予期せぬ騒動をもたらした例を知っていますので。

ご理解いただけると嬉しいで~す♪
よろしくお願いします。


2011年の記事 をリライトしました)


c150428c.jpg
「これって 5年まえに書いたヤツ のパクリですね」

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT